« 2017年11月 | メイン

2017年12月

2017年12月14日 (木)

裏は

こんばんは 千夜人です。

陶器のような肌、という褒め言葉がありますけれど、自分の場合、陶器は陶器でも貫入いり。

 

今日はふたご座流星群のピークが予想されていたのですけれどheart04

こちら日本海側は、絶賛曇っていますcloud

ときどき晴れるんですけれどね。晴れたら晴れたで、冷え込みが厳しいのですけれどね。

・・・晴れても雲っても、寒がりなので寒いんですけどね。

ほんとに星好きかと突っ込まれそうですが、こればっかりは耐えられないのです←ヘタレ。

2017年12月13日 (水)

キター

こんばんは 千夜人です。

昨日撮り忘れた福井国体・障スポのカウントダウンボードを撮りにいったのですけれど。やはり自分的におもしろくないですー。

2017121317470000  

思い返せば、前回300日も撮り損ねましたし、残念なのが続いてしまいましたdown

2017年の今年の漢字に「」が選ばれたそうです。

選ばれた理由として、北朝鮮の動向に脅威と不安を感じたこと、九州北部豪雨による災害、

北海道日本ハムファイターズの選手が注目を浴びたこと、競馬でキタサンブラックが活躍したことなどが挙げられていました。

確かに、1年を通じて北という文字を見たり聞いたりする機会が多かったような気がします。

ここでは逆に、南という文字が多かったかもしれません。

南天の星座のネタが多かったので。でも、ほとんど福井から見えないという・・・sweat02

まあ、北には背くという意味もありますし、ね←もとは背中を合わせる人の形。

2017年12月12日 (火)

野生の勘

こんばんは 千夜人です。

福井国体・障スポの開催まで、今日であと291(ふくい)日です! しもた、カウントダウンボード撮りにいくの忘れた。

 

雪で、帰ることしか考えていませんでした・・・down

今日は七十二候の熊蟄穴くま あなにこもる)です。

クマが冬眠のために穴に入るころだとされています。

自分もとうとうしもやけちゃんを発症してしまい、冬眠してしまいたいくらいです。

今月に入って急に体重が増えてきたのは、無意識にうちに冬眠前の準備をしていたのでしょうか。

それにしても、寒気には敏感です。

早く春にならないかなぁ・・・。

2017年12月11日 (月)

鎌倉五郎本店 鎌倉ごま半月

こんばんは 千夜人です。

昨日、サンドームで2回踊っただけでふくらはぎがパンパンです←ヘタレ。

 

会場が寒かったからでしょうか、寒さスイッチがとうとう入ってしまいました。この腫れ方ですと、たぶんリセット不能です。

外もどんどん白くなってきていますsnow

昨夜は半月でしたmoon2。というわけで、半円形のお菓子はいかがでしょう。

鎌倉五郎本店さんのおせんべいのシリーズから「鎌倉ごま半月」ですheart04

鎌倉半月は、上品な和風の味が楽しめる愛らしいうさぎ印のおせんべいです。

季節限定のごま味を見つけたので買ってみました。

落ち着いた感じの紫色の箱には、月に遊ぶかわいらしいうさぎの姿が。この白うさぎは、月の神様のおつかいだそうです。

白うさぎは、里の畑の手だすけをしてよく働いたそうです。その畑のごまという物語がコンセプトになっているようです。

中の個包装にも月とうさぎが描かれています。よく見ると、袋にも箱にも、うさぎやごま粒のシルエットが小紋のようにちりばめられています。

袋を開けると、香ばしいごまの香りが広がります。香りだけでもおいしそう。

白ごま・黒ごま・金ごまを焼き込んだ生地が、変化に富んだ月面の模様にも見えてきます。

うさぎ印が型押しされたおせんべいは、薄くてもパキッと堅く焼かれていますdelicious

生地のざくざくとした歯ごたえとごまのぷちぷちとした食感に、上品なというかバリバリいっちゃえというか、相反する楽しさがあります。

間にはさんだ黒糖風味のクリームが、ほんのり甘くてごまの香ばしさを引き立てます。

お上品にいただくか、がっつり食べちゃうか、半月だけに白黒つかないかも?bleah

2017121018380000 千夜人個人の評価:☆☆☆

(ごま風味も好き、歯ごたえがあるものも好き、というわけでとてもおいしくいただきました。

和の香りと謳っていますけれど、日本茶でもコーヒーでもどちらにも合いそうです)

2017年12月10日 (日)

残り少なく

こんばんは 千夜人です。

お天気がいいうちにタイヤ交換をしました。あと、おひさまも撮れました。

2017121009440000 

思いの外に晴天が長持ちして絶好の大掃除日和だったのですけれど、

あいにく? イベントのお手伝いと申しますか数合わせに出かけておりましたnotes

タイヤ交換はできましたけれど、お洗濯と窓辺でお布団広げただけでした・・・weep

さて。

南天の星座も、あと何が残っていますでしょうか。

そもそも、どこからを南天と呼ぶのか、天の赤道で南北を分けるとなるとまだまだありますねぇ。

とりあえずここでは、日本からは見づらい位置にある星座、ということにしておきましょうかcoldsweats01

福井からでは地平線上に昇ってこない星座はあと、レチクル座があります。

18世紀につくられた新しい星座のひとつで、ギリシャ神話とは関係がありません。

2017年12月 9日 (土)

西口プラネ 色2

こんばんは 千夜人です。

しばらくお目にかかれない、と書いたけれど、早速お目にかかれてしまいました。

 

気圧の張り出しだったのでしょうか、どういうわけか昨夜から今朝にかけてよく晴れていました。

この時期の変わりやすいお天気で、一日中降ったり止んだりでした。

荷物にはなりますけれど、傘は手放せません。

福井市自然史博物館分館のドームシアターに行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」では、前半が星空さんぽ、

3ヶ月で入替となる後半のトピックは今シーズン「星の色」というプログラムになっています。

今日の担当は鈴木さん。星座絵を何度か点けたり消したりして、星並びのイメージを目に焼き付ける手法が、

とっても分かりやすいです。

西の空に残っている夏の大三角から、明るい星が少ない秋の星空、

東の空に昇ってきた冬の星座たちと、とてもたくさんの星座をめぐりました。

後半は、冬の星空を彩るたくさんの1等星を例に、星の色の違いに注目しますshine

青い星、白い星、黄色い星、オレンジ色の星、赤い星。いろいろ、まさにいろいろな色があります。

色の違いは、星の温度の違いだそうです。

イラストでよく描かれている黄色い星ばかりではないのですねcoldsweats01

たしかに、星が全部同じ色だったらつまらないかもしれません。うまいことできてますね。

2017120919190000 見た目の色はあまりよろしくありませんが、見た目ほど不味くはなくてよかった・・・な今夜のメンチカツ。

2017年12月 8日 (金)

西口プラネ 藤田良雄博士

こんばんは 千夜人です。

危ない危ない。また水没するところでした←風呂場。

 

福井市自然史博物館分館のドームシアターでは、生解説番組「星空の時間」のトピックが「星の色」に替わりました。

それにあわせて? 展示室では特別展福井を愛した星博士─天文学者・藤田良雄─」が開催されています。

藤田良雄博士は、福井市出身、東京帝国大学理学部天文学科卒業の天文学者で、

低温度星の分光学観測・・・色についての研究では世界的な権威でいらっしゃいます。

星の光=色を詳しく調べることで、その星がどんな成分なのかが判るそうです。

藤田博士の研究内容や功績、設置に尽力された岡山天体物理観測所、子どものころのエピソードなどが紹介されています。

新聞記者だったお父上の影響で、意外にも文学少年だったのですね・・・。

特別展と生解説番組、そして実際の星空とあわせてご覧になってはいかがでしょうwink

実際の星はしばらくお目にかかれそうにもありませんけれどsweat02

2017120314000000

2017年12月 7日 (木)

ヒヤリ

こんばんは 千夜人です。

職場の電話機の転送方法がややこしいらしいです。手順どおりに、ボタンに番号シールを貼っているのですが。

 

毎回お伝えもしているのですけれど、しょうがありませんね。

図も作って、操作手順や台詞も書いて置いてあるのですけれど、もう少し踏み込んで作り直しますかね。

さて今朝目覚めたら、指が腫れていたので焦りました。温めてなんとか解凍しましたが、午前中はずっと痺れていました。

今日は、二十四節気では大雪、七十二候では閉塞成冬そらさむく ふゆとなる)にあたります。

本格的に雪が降り始めるころとされています。

週間天気予報でも、そろそろsnowsnowsnowですね。

また、天地の気が塞がり、本格的な冬になるころともされています。

朝から青空が広がりましたけれどもそれも束の間、午後から雲が垂れ込めて冷たい雨が降り出しました。

傘、持っていってよかったです。今日濡らしたらアウトでした。

1日でも長く、通常モードでありますように・・・。

2017年12月 6日 (水)

西口プラネ 色1

こんばんは 千夜人です。

手からすっかり血の気は引いていますが、大丈夫、まだ氷点下にはなっていないから・・・。

 

今日の福井の最低気温は、今シーズン初めての1℃台、1.6℃を記録したそうです。

かろうじて持ち堪えています。でも、時間の問題ですね。

さて、福井市自然時博物館分館のドームシアターでも冬の番組がはじまりましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」もトピックが新しくなりましたので、さっそく観にいきました。

前半は、福井から今夜見ることができる星空で、星座を探します。

明るい星が少ない西の空は、いまはまだ秋の星座が残っています。

秋の大四辺形からペガスス座、秋のただひとつの1等星みなみのうお座のフォーマルハウト、

ぽつんと目立つくじら座の2等星デネブカイトスを見つけます。

明るい星が多い東の空には冬の星座が昇ってきています。

たくさんの1等星をたどりながら、それぞれの星座をみつけます。

この日の担当は牧山さん。冬の訪れを教えてくれるぎょしゃ座のカペラがお気に入りだそうです。

後半は、「星の色」。冬の明るい星たちを使って、星の色の違いを見ていきます。

色の違いを見やすくするために、強調して投影してるのでしょうか。ベテルギウスが赤すぎて気持ち悪いですcoldsweats02

クリスマスイルミネーションもよろしいですが、きらきら輝く星たちはいかがでしょうか?wink

2017120314010000

2017年12月 5日 (火)

桑田製菓 満月

こんばんは 千夜人です。

お仕事が終わり、職場から出てきたら、お外真っ白ぉ!! 滑らないよう、そろりそろりと帰ってきました。

 

日曜日は今年一番大きく見える満月でしたfullmoon

というわけで、桑田製菓さんの「満月」をいただきましたheart04

赤や黄色、黒のデザインが粋なラベルです。自ら高級菓子と謳ってしまっているところがお茶目さんです。

中身は、おいしそうな焼き色のカステラ焼き? 丸ぼうろ? ですdelicious

表面はこんがりと焼けていて、まるで昇ってきたばかりで大気の影響を受けて色がついている満月のようです。

しっとりとしていて、重なったところはくっついてしまっています。剥がすとクレーターができますcoldsweats01

食感は、ふんわりというよりはむしろ、しっとりさくっとしています。玉子とはちみつの素朴な味わいです。

懐かしさを感じるお味で、焙じ茶やコーヒーなどと合いそうです。

お月見や今年一番大きな満月といった話題性のある満月のときなどに、家族みんなでいただくのにぴったりかもしれませんねwink

2017120315560000 千夜人個人の評価:☆

(懐かしいような優しい甘さと食感で、家族団らんのお供にいいかも。

はちみつ風味のしっとりとした生地が歯にくっつきやすいので、飲み物がほしくなります)