2016年12月 2日 (金)

いろいろないろ

こんばんは 千夜人です。

青空に、遠くの山々が白く光っていました。こうなると、手が変な色になります。

 

明日は布団を干すぞ、と意気込んでいますが、その前に、今夜が辛いです。

今日は七十二候の橘始黄たちばな はじめてきばむ)です。

柑橘類のタチバナの葉が黄色く色づき始めるころとされています。

自分は、おいしいミカンが店頭に並び始めるころと思っていましたcoldsweats01

ミカン類の葉っぱは一年中緑色で、黄色くなるとは知らなかったのです。

タチバナは神社の境内に植えられていることがあるので、覚えていたら見てみます。

・・・緑だったらどうしよーsweat01

ミカンが黄色くなると医者が青くなる、ということわざがあります。

ミカンが色づく時期は気候がいいので病人が少なくなる、という意味だそうです。

うそー、病的に変な色なんですけどー。

ミカンはミカンでも、種類が違うのでしょうか。

2016年12月 1日 (木)

今年の最後は

こんばんは 千夜人です。

今年2016年の新語・流行語大賞は「神ってる」が選ばれたそうです。自分はあまり使うことないのですが・・・。

 

今年もそんな話題が出てくる時期になったのですね。

ノミネートされた10点の中でも、まだ前向きな、というかいい意味の言葉でよかったかな。

自分は使わない、というか使う機会がないので、意味もあまり解っていないのかもしれませんけれどsweat01

1月から南天の星座をネタにしてきましたが、12月も南天モノでいきたいと思います。

というわけで、先月のきょしちょう座の隣に位置するみずへび座にしました。

みずへび・・・うみへびじゃなくて。

日本で春から夏にかけて見えるうみへび座とは、まったくの別物でございます。

これまでの南天の星座たち同様、日本からは見えにくい、福井からは見えない星座です。

こんな星座もあるんだぁ、ということでcoldsweats01

2016年11月30日 (水)

まるごと種子島TANE 種子島スペースサイダー

こんばんは 千夜人です。

やっぱり寒かったです。そして、やっぱりならないことはないのね。

 

南半球は無理でも、南北に長い日本列島。南西諸島まで南下すれば、南国気分を味わえるでしょうか。

お月見月間締めくくりとして月モノでもよかったのですけれど、調達にてこずりましてsweat01

がらりと変わって南の島からのひと品、まるごと種子島TANEさんの「種子島スペースサイダー」ですheart04

おおー、ついにロケット発射場の見学に、と言いたいところですが、残念、科学館のショップにて購入しましたcoldsweats01

SF映画のようなロゴの背景には、HBTTEのワンシーンを思い出させるような地球のイラスト。

あ、でもM-Vロケットは種子島じゃなくて内之浦ですね。兄ではなくて弟の方でしょうか。

ご当地サイダーらしく、種子島産の砂糖と天日塩とを使用しているとのアピール。

TANEGASHIMAのIも、さりげなく島の形になっています。

でも、この未確認飲料・宇宙トニックってなんでしょう。怪しすぎます。

もっと怪しいのは、ラベルの裏側です。

夏の大三角を中心とした星座を描いてあるのですけれど、なーーんか見たことのない妙なものが紛れ込んでいます。

それから、このサイダーを飲んでご満悦な様子の方は、グレイならぬ・・・白い。

怪しさ・・・否、遊び心? いっぱいですが、おいしくいただきましたdelicious

宇宙に一番近い島のサイダーということで、しゅわしゅわはじける泡とともに、気分も揚がる・・・かも。

2016111314150000

2016112013090000 千夜人個人の評価:☆☆

(普段炭酸飲料はそれほど飲まない自分ですが、炭酸もキツすぎず、ちょっと甘めで飲みやすかったです。

種子島産の天日塩を使用しているとのことですが、自分は塩味は感じませんでした)

2016年11月29日 (火)

しゅーりょー

こんばんは 千夜人です。

今日は「いい肉の日」だそうです。だけど、アゴが疲れました。

2016112919220000  

今日は新月newmoon、旧暦の11月1日にあたります。

3ヶ月に渡り続いてきたお月見月間も無事に・・・無事?・・・ではありませんけれど、終了です。

今年はお盆を過ぎた辺りからでしょうか、天候不順でまともなお月見ができませんでした。

月が出るころに雲も出てきたり、寝しなになってから月明かりが射しこんできたりと、

天候による農作物への被害も取り沙汰されていましたけれど、自分もかなり落ち込みましたよdown

これも自然のことなのでしかたありませんけれどね。

指先が怪しい怪しいと思っていたら、明日はついに1番の冷え込みになりそうだとか。

電気毛布の設定温度を上げなければ。

季節がどんどん変わっていきます。取り残されているのか、押し流されているのか・・・。

2016年11月28日 (月)

もしや

こんばんは 千夜人です。

少し前から指先がちりちりしていたのですけれど。昨日、寒かったからでしょうか、ちょっと腫れているような。

 

残り数日とはいえ、まだ11月なんですけどーshock

まだ大丈夫、きっと大丈夫。なんとかできる範囲・・・のはずsweat01

寒いのが苦手な自分は、ついつい南半球を妄想しがちになります。

これから夏ですからね。いいなぁ。

そんな南半球の夜空を彩るのは、新しくつくられた星座たち。

大航海時代の探検で見つかった珍しいものがモデルとなっています。

中南米に棲息する嘴の大きな鳥を描いたのが、きょしちょう座です。

もちろん、ギリシャ神話には登場しません。

日本からはほとんど見えないので、プラネタリウムで取り上げられることもほとんどありません。

なにか物語でもあれば、もう少し親しみをもてるような気もするのですけれど。

例えば・・・。

ジャングルの中で道に迷った探険家が、嘴の大きな鳥のあとをついていくと、そこにはなんと温泉がsign02

すみません。妄想というか、願望が出過ぎましたsweat02

今夜は足湯だけでなく、手湯もしっかりしてから寝ようと思います。

2016年11月27日 (日)

早めに

こんばんは 千夜人です。

前撮り正解でした。今日は一日雨降りです。

 

今日はご縁さんにお経をあげていただきました。

里や報恩講のお話などもして、不謹慎かな? 楽しいひとときでした。

朝から肌寒かったのであらかじめ仏間の暖房を入れておいたのですけれど、

普段は開けっ放しにしておくからでしょうか、なかなか暖まりませんね。

明日月曜日の職場も、土日に冷え切っているのかなぁ。寒さ対策忘れずに。

今日は七十二候の朔風払葉きたかぜ このはをはらう)です。

北からの風が木の葉を散らし、吹き払うころとされています。

先日に比べると風はそれほど強くはありませんでしたが、冷たい雨が降り続きました。

ひと雨ごとに寒さがつのっていきます。濡らさないよう気をつけなければ。

太平洋側では木枯らしが吹いているでしょうか。雪も辛いですけど、風も痛そうです。

寒がりなので、油断禁物です。

一度発症してしまうと、春までずっと治りませんので。

やばいよやばいよー。

2016年11月26日 (土)

りんご ぐんま名月

こんばんは 千夜人です。

23日は新嘗祭(勤労感謝の日)、24日は感謝祭(アメリカ版、11月第4木曜日)でした。

 

11月はおいしそうな催し物がたくさん企画されていて、お知らせを見るだけでもお腹がすいてきます。

そうでなくとも、冬眠準備で蓄積されているのですがsweat01

ダイエット、というわけではありませんけれど、今日いただいたのはりんごですapple

品種名は「ぐんま名月」ですheart04

名前から想像できるとおり群馬県で生まれた品種です。あかぎとふじを掛け合わせてできたそうです。

見た目に特徴があります。結構大玉で、果皮は黄色っぽいのですが、肩など部分的に赤く染まっています。

まんまる大きな黄色いりんごだから、名月と名付けたのでしょうか。となると、赤い部分は月の模様?

それにしてもこの大きさ・・・自分は顎が外れやすいので、丸かじりはキケンです。

無理はせず、カットしていただきますdelicious

地殻部分は厚めで硬く、かなりしっかりしています。食物繊維が多そうです。

マントル部分は、緻密で歯ごたえがあって果汁も多め。酸味はほとんどなくとても甘いです。

コア周辺には蜜が入りやすいとのことでしたが、個体差があるのでしょうか、今回のものにはありませんでした。

果皮が黄色というよりは黄緑色なので、まだ完熟していなかったのかもしれません。

それでもかなり甘かったです。かえって皮の部分に青さ? を感じてしまいましたsweat01

蜜が入りやすいということは貯蔵性がよくないことでもあり、出回る期間が限られているようです。

甘~いりんごがお好きな方は、見つけたら一度食べてみてはいかがでしょうwink

選ぶときは、赤い部分よりも、肌が明るい黄色になっているかどうかを基準にしたほうが良さそうです。

2016112611020000千夜人個人の評価:☆☆

(酸っぱさがないとても甘いりんごです。

なるべく皮ごと食べたほうがいいのですが、意外と硬いので、気になる方は剥いたほうが食べやすいかも)

明日は一日雨が降る予報なので、前撮りしました。

2016112611590000

2016年11月25日 (金)

現実は

こんばんは 千夜人です。

今日、偉い人が窓を開けておられたのですが、閉めていただきたかったなぁ・・・。

 

あまり気温が上がらなかったように感じていたのですけれど、自分が寒がりだからでしょうかbearing

自家発電能力を上げなければ。

そんな自分はこんな季節、あったかいところが羨ましくてたまりません。

今月ネタにしているきょしちょう座が見えるくらいまで南下したら、暖房も要らないでしょうか。

自分は適温が高めなので、あまり効果はないのかもしれませんけれどsweat02

きょしちょう座は、新しくつくられた星座なので、まわりの星座同様、関連するギリシャ神話はありません。

大きなくちばし、色鮮やかな羽の色。

南半球の夜空には、大航海時代に南方で見つかった珍しい生き物などが星座に描かれました。

ギリシャ神話に登場する空想上の動物にはしなかったのね・・・。

2016年11月24日 (木)

どうなる

こんばんは 千夜人です。

東京が真っ白でしたね。そのうち福井にも・・・って、順番が逆です。

 

関東では54年ぶりに11月の初雪観測だったそうです。

小雪(しょうせつ)どころか大雪(おおゆき)ですね。

こちらはむしろ晴れ間もありました。

これも温暖化の影響でしょうか。

きょしちょう座の方角に見える小マゼラン雲は、天の川銀河の近くにある銀河のひとつです。

かじき座の方角に見える大マゼラン雲とともに、天の川銀河とガスの帯でつながっているとみられています。

そのうちに、といっても何億年かあとに、

大小のマゼラン雲と天の川銀河とが、くっついてひとつになるかもしれないという仮説があるそうです。

人類が目撃するにはあまりにも先の話ですけれど、銀河系は、太陽系や地球はどうなってしまうのでしょうか。

合体することで星が増えるのでしょうか、銀河から遠くへ弾き飛ばされてしまうのでしょうか・・・。

その一方で、マゼラン雲は近くを通り過ぎているだけだから何も起こらないという説もあるそうです。

どうでもいいことなのですが、気になります。

2016年11月23日 (水)

気付かぬはずがない

こんばんは 千夜人です。

おじじさまの神通力か、奇跡的に晴れ間・・・否、快晴。でも北風が痛いです。

2016112311550000  

今日は環境フェアをのぞいてきましたnotes

松ぼっくりや木の実を使った工作、木製のおもちゃなど、おもしろそうな体験コーナーがたくさんありました。

地球温暖化について問いかけるコーナーもありましたけれど、今日だけでいうとものすごく寒かったですsweat02

さて、こちらとは逆に夏へと向かう南半球。

その夜空には、天の川銀河からもっとも近くにある銀河のひとつ小マゼラン雲が浮かんでいますheart04

とても近くにあるので、肉眼でも見ることができますし、

天の川銀河に引っ張られて、もともと渦巻き型であったものが形が崩れてしまっていると考えられています。

星座を形づくるほかの星とは明らかに見た目が違いますし、現地では昔から注目されていたはずです。

マゼランの名前は、大航海時代の探検家の名前からとられていますけれど、

本当は別の呼び方があったかもしれませんねぇ・・・coldsweats01

2016年11月22日 (火)

忘れてないよ

こんばんは 千夜人です。

先日のニュージーランドで発生した地震、まさかとは思いましたけれど、現実になるとは・・・。

 

東日本大震災の教訓が生かされたことも、新たに気付いたこともあったようですが、

とにかく、これ以上の災害が起こらないことを祈っています。

災害は忘れたころにやってくる・・・忘れてないつもりだけど、忘れているのかな・・・think

今日は、二十四節気では小雪、七十二候では虹蔵不見にじ かくれてみえず)にあたります。

寒くなり、雨が雪に変わるころとされています。

明日からぐっと寒くなるそうです。夜から雨が降りだしましたけれど、高い山では雪になるでしょうか。

また、陽の光が弱くなって虹が見えなくなるころともされています。

太陽の南中高度も低くなって窓から陽が射し込むようになったものの、眩しさはありませんね。

日中は予報を裏切って青空が見えていました。閉め切っていた部屋は余熱でぬくいです。

あああ~なんてもったいない。

出勤後に晴れても撮れないじゃないですか・・・down

2016年11月21日 (月)

雲というけど

こんばんは 千夜人です。

昼間にちょこっと晴れ間がありましたけれど、機材がないので撮れません。今週はもう無理かな、おひさま。

 

暖かくなってもまた冷え込んだりと、少しずつ冬の気配が濃くなってきました。

色はイマイチといわれているものの、各所で紅葉が見頃を迎えているようです。

体調を崩されている方も多いようですし、インフルエンザがすでに流行り始めたりと、

健康面も気をつけないといけませんね。

寒がりにとっては、季節が逆になる南半球が羨ましくなり、また南天の星空に思いを馳せることも多くなります。

きょしちょう座の方角に見える小マゼラン雲も、憧れの天体のひとつです。

マゼランという名前は、大航海時代に探検家マゼランが発見したことから名付けられ、

小があるということは大もあって、大マゼラン雲はかじき座の方角に見えます。

雲と名前がついていますけれど、たくさんの星が集まってできている銀河です。

天の川銀河のとても近くにあって、お互いに影響しあっていると考えられています。

天の川銀河の6分の1ほどの大きさで、銀河としては小さいほうですが、

とても近くにあるので、肉眼でも雲のように見えるくらい目立つ天体です。

近いといっても、光の速さで20万年ほどの距離にあります。

近いんだか遠いんだか、なんだかおかしな感じですけれど、ちなみにアンドロメダ銀河は230万光年だそうです。

2016年11月20日 (日)

有名にしているもの

こんばんは 千夜人です。

おいしそうな催し物がたくさんあるのに、お天気がはっきりしません。降るの、降らないの。

 

かに鍋、新そば、福井のめぐみ・・・。

前線が早く通過してほしいのですが、そうすると西高東低の気圧配置で寒くなりそうです。

太平洋側は晴れているのだろうなぁ。

冬だから仕方ありません。

さて、太平洋側でもずっと南の方、沖縄くらいまで行くと一部が見えてくるきょしちょう座

とりあえず、もっとも明るい星も水平線上には出てくることになってはいます。

日本では名前をあまり知られていないきょしちょう座ですが、

小マゼラン雲とか小マゼラン銀河という名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

小マゼラン雲は天の川銀河のすぐ近くにある別の小さな銀河ですが、地球からはきょしちょう座の領域に見えます。

他の銀河に比べてもずいぶんとご近所さんなので、天の川からちぎれた雲のように見えるそうです。

ご近所さんといっても光の速さで20万年の距離ですけどねー。

こちらはあいにくと日本からは見ることができません。

大マゼラン雲や南十字星と同じように、憧れの天体のひとつです。

2016年11月19日 (土)

どんなもんだい

こんばんは 千夜人です。

今日、お仕事でいない間に、味噌汁の塩分濃度を測りにきたそうです。結果は0.4%と最低。どんなもんだい!←なぜかエラそう。

 

秋空にぽつんと光るみなみのうお座のフォーマルハウト。

その南側につる座があります。

そのさらに南側にあるのがきょしちょう座です。

南の島にいそうな、嘴の大きな鳥を描いた星座です。

九州の南半分くらいから見える領域に位置しています。

とはいうものの。

もっとも明るい星が3等星ですので、高く昇らないと見つけるのは難しそうです。

九州では高度が足りず、大気の影響で星の明るさが減らされてしまうので、

沖縄くらいまで南下しないと探し出すことはできなさそうです。

南方の珍しい鳥は、捕まえるのが難しそうです。

2016年11月18日 (金)

見えたら見えたで

こんばんは 千夜人です。

点けてて良かった、電気毛布←今朝の最低気温2℃。

 

昨夜は晴れていたので気温が下がりましたbearing

今年はお月見のタイミングがずれずれで、最接近の満月からすっかり過ぎての月夜となりました。

寝ぼけまなこに障子戸が白く浮かび上がります。

やっと拝めたお月さま、といいたいところですが・・・。

しし座流星群極大が重なっていると、月明かりはありがた迷惑でもありますsweat02

まぁ、今年は大出現の年には当たらないそうなので、がっかりはしていないのですけれど。

楽しみにしていたイベントモノが見られないと、内側まで曇ってくるような気分ですcloud

2016年11月17日 (木)

きんせんか

こんばんは 千夜人です。

冷たい夜空にしらじらとした月が輝いています。この空、月曜日に見たかったなぁ。

 

でも・・・寒いです。

ぐぎぎ、とどこからともなく変な声が洩れます。

指先がちりちりするので、長居は無用です。

今日は七十二候の金盞香きんせんか さく)です。

スイセンの花が咲いて芳香がするころとされています。

ここでのきんせんかは、キク科のキンセンカではなくて、金色のカップがある花スイセンのことだそうです。

越前水仙も、数輪咲き始めたそうです。

冬の寒さに耐えて咲くイメージのスイセン。

寒がりの自分からしてみれば、ほんとに偉いと思います。

2016年11月16日 (水)

今年の月見は

こんばんは 千夜人です。

久々に体操をしたら、さっそく筋肉痛です。いつも座りっぱなしなので、普段使わない筋肉が全身に。

 

昨夜、寝る前に見上げた窓の外に、雲間から十六夜の月が見えていました。

がっつり見る余力はなく、そのままおやすみなさいでした。

風呂上りは冷えるので身体に毒です。

今夜も、帰り道をぼやぼやの月が照らしていましたcloud

一昨日がスーパームーンとやらでしたのでその影響でしょうか、心なしかいつもより大きめに見えました。

中秋の名月も、十三夜も、今年は残念だったのですけれど、

十日夜も今年最接近の満月もやはり残念でしたdown

天気に左右されるのは仕方がありませんけれど、ちょっと残念すぎましたthink

2016年11月15日 (火)

68年ぶり

こんばんは 千夜人です。

どんぐり食べ過ぎて顔が大きくなってしまったかも。さすが、冬眠前の貴重な栄養源。

2016111423000000  

昨夜は、今年もっとも大きく見える満月でしたfullmoon

でも、あいにくの空模様で見ることができませんでしたdown

マニアでもないし、若さも元気もないので、徹夜してまで待つことはできませんでした。

それでも、空一面を多い尽くした雲を照らしていたのでしょうか、雲の底が白く光っているのを眺めていました。

テレビなどで連呼していたのが、68年ぶりのウルトラスーパームーンだとか。

まあ、そういうのはどうでもいいんですけどねぇ。

68年ぶりというフレーズに、父上も興味をもったのか若干そわそわしていました。

生まれた年ぶりというのが気になっていたようです。

そういうちょっとしたきっかけで興味を持ってくれる人が増えるのは、いいかも。

今夜もまだ雲っぽいので、大きめのお月さまを見ることは無理なようです。

自然のことだし、しょうがないやー。

2016年11月14日 (月)

ことごとく

こんばんは 千夜人です。

父上と母上から、また1年経ってしもたと言われました。ほんとに申し訳ない。

 

今夜は、今年もっとも月が大きく見える満月の、スーパームーンとやらでしたfullmoon

地球の周りをまわる月が楕円軌道のため、地球と月との距離は一定ではありません。

月が地球から遠ざかると小さく見え、近づくと大きく見えます。

平均するとおよそ38万kmの地球と月の距離が、今夜は約35万6500kmにまで縮まります。

見かけ上の面積がもっとも大きくなる満月と、近づくことで大きく見える相乗効果で、

そりゃもうぱっと見でも気がつくくらい、月が大きく明るく見えたはず、なのですけれど。

こちら、隙間もないくらい雲に覆われていますdown。雷注意報も発令されていたようですsweat01

夜から雨、という天気予報に、せめて月の出くらいは見られるかと期待していたのですけれど、

夕方からすでに降りだしていましたrain

待っていても無理っぽいです。

逆に、明け方に沈むところは見られるのでしょうかねぇ。読めないですねぇ。

今年はいろいろと天気に阻まれることが多かったですcloud

やはり、どこかおかしいように思います。

2016111222510000 月を眺めながらいただけると良かったのですけれど・・・残念。

2016年11月13日 (日)

ぽかーん

こんばんは 千夜人です。

今日は庶民のコタツ解禁日ですが、おひさまが家全体を暖めてくれました。

2016111310110000  

先月には夏のような日があり、先日は急に12月並みの気温になり、

そして今日は昨日に引き続きぽかぽかの小春日和でした。

ここぞとばかりに布団を干しましたけれど、気温の変動が大きいので体調に気をつけたいですね。

今日は、おうし座北群流星群がピークを迎えるころだそうですheart04

まだ近所に街灯が少なかったころ、この季節の帰り道に空を見上げるとたまーに、

ふゅるふゅるーと星が飛ぶのが見えました。

たぶん、時期や方角からしておうし群のものだろうと思うのですけれど、意外と覚えています。

当時は車もあまり通らなかったのですが、今は結構走っているので呆けていると危ないですね。

口開けて突っ立っているのは、運転手さんにとっても危な・・・否、むしろこの場合は恐怖か?