第1惑星・星宇宙 Feed

2017年11月21日 (火)

寒いけど

こんばんは 千夜人です。

週間天気予報では次いつ晴れるか判りませんので。しかし、この角度はけっこうきついですね。

2017112107370000  

貴重な晴れ。

真っ白に雪化粧した白山が、よく見えていました。

帰り道、頭の上には夏の名残の大三角。

西空には、昨日の三日月から1日過ぎた細い月が見えていましたmoon3

見えるとやっぱりほっとします。

でも、一度家の中に入ってしまうと、夜中晴れていても外には出たくなりませんね・・・sweat02

2017年11月19日 (日)

どのいぬ

こんばんは 千夜人です。

予報どおり冬型の気圧配置。筋状の雲の隙間はあったものの、結局、買出しや送迎でタイミングが合わず仕舞い。

 

霰で道路が一瞬白くなり、焦りましたcarsweat01

お店では、お月見商品はなくなり、ハロウィン商品も値引され、クリスマス商品が並び、おせちの予約が始まっています。

郵便局では年賀状はがきの販売も始まっています。

来年の干支は戌ですねdog

星好きとしては、なにか星っぽい年賀状をつくりたいところですが・・・。

いぬといえば、星座ではおおいぬ座やこいぬ座があります。冬の星座なので、これからでも写真に撮れそうです。

りょうけん座もイヌをモデルにした星座ですね。

子持ち銀河の愛称が有名なM51もりょうけん座の領域ですが、如何せん腕と機材が足りません。

どのようなデザインにしようか、考えるのも楽しいです。

ま、所詮妄想の範囲ですがsweat02

2017111919080000 珍しくキンキの開きを見つけました。ひっくり返して写せば良かった・・・bearing

2017年11月18日 (土)

季節は

こんばんは 千夜人です。

今日は半日お仕事でした。急いでいるのに、手が冷たくて洗濯物のボタンがかけられないという・・・。

 

思うように指が動かなくなってきました。

ちりちりとした厭な感触はありますけれど、まだなんとか発症はしていません。

今夜もせっせと保温保温。

今年もしし座流星群のシーズンとなりました。

ちょうど新月と重なるので、月明かりのことはまったく気にしなくて良かったのですけれど。

星ではなく冷たい雨が降っています。北や高い山では雪になっているかもしれません。

33年周期で大発生するといわれているしし座流星群ですが、1999年のヨーロッパ上空、

2001年の日本上空大発生からはそろそろ折り返しのころでしょうか。

今では33年周期説ではなくて、別の予測が主流になっているようですけれど、

どちらにせよ今年は大発生の見込みはないようです。

結局雨ですし←こればかりはしょうがない。

2017111819070000

2017年11月15日 (水)

嘘つかない

こんばんは 千夜人です。

夕方、大きな虹(しかも二重)が見えて職員さんたちと大はしゃぎしました。でも、夜になったら雷が鳴っています。

 

雪雷でしょうかthunder

朝、真っ白だったら困るなぁ・・・。濃霧で、ではなくて、道が。

インディアン座は、南天にある新しい星座のひとつで、ご想像通り? 関連するギリシャ神話はありません。

大航海時代にたどり着いた新大陸で出会った民族をモデルとした星座のようですけれど、

どなたか特定するような物語もないようですね。

だからでしょうか、プラネで星座物語を期待しがちな日本では、認知度が低いような気がします。

自分は、某ピザショップ(のCMおよび看板)を思い出します。

2017年11月14日 (火)

もやっと

こんばんは 千夜人です。

お外真っ白お! いきなりの雪? かと思いきや濃霧です。いくらなんでも雪はないですね←早とちり。

 

それでも、先週から点灯している日曜日の雪マークは消えません。

あああ。憂鬱。

明け方の東の空で、金星木星が大接近して見えますshine

しかしながら、これだけ霧が深いと雲の中と同じ状態ですねmist

天空の城どころか、真っ白けです。

んー、笑えない。

視界が悪いので運転にお気をつけください。早めの雪対策も考えないとですね。

あと、大事な寒さ対策。

あー、厭な季節。

2017年11月12日 (日)

こんばんは 千夜人です。

小春日和・・・といいたいところですが、風が冷たいです。でも、おひさまは撮れました。

2017111213210000  

青空が気持ちよかったのですが、自転車がなかなか前に進まなくて、膝ががくがくになりました。

やはり、まだ血が足りていませんでしょうか←ただのヘタレ。

そろそろおうし座流星群北群が活動のピークを迎えるころです。

夜になってもまだ晴れ渡っているので、流れ星が見られるかもしれません。

でも、今夜も寒そうです。

流れ星よりも、風の方がたくさん吹くかも。

2017111219130001 今夜もあったかメニューです。

2017年11月10日 (金)

じっくりと

こんばんは 千夜人です。

今朝は大野で初霜を観測したそうです。足湯と毛布の効果はありましたが、出勤中に指先がじーんとしてきました。

 

立冬を迎え、さっそく冬の気配を感じました。

献血で血が足りていないし←もう戻ってるだろ、まだ11月前半ですし、ここで発症するわけにはいかないのですよ。

ということで? 明日は福井のおいしいものを探しにいくつもりですbomb

福井からは全体を見ることができないインディアン座ですが、もっとも明るいα星は地平線上に昇ってきます。

明るいとはいっても3等級ですし、高度が低いので全然目立たないかも。

やぎ座の三角形のずーっと真下に見つけることができるはずなのですけれど・・・。

ウチからはお隣さんちの屋根に阻まれていますねー。

2017年11月 9日 (木)

唐突に

こんばんは 千夜人です。

今夜は、この秋一番の冷え込みになりそうです。キケンキケン・・・。

 

秋、て一昨日が立冬でしたので、このくらいの寒さがあってもおかしくはないのですけれど。

やはり手足のことが気になってしまいます。

毛布1枚足しておこう。

南天の新しい星座にインディアン座というのがあります。

福井からも全部ではありませんけれど、一部が地平線の上に見えることになっています。

でも、あまり知られていない星座かもしれません。

宮沢賢治が書いた「銀河鉄道の夜」にも、インデアンが登場するシーンがあります。

何故こんなところにインデアン? と不思議に感じた方も多いかもしれませんし、自分もはじめはそう思いました。

銀河鉄道の夜には、実際の星空にあるものをもとに描かれたシーンがたくさんあります。

インデアンも、インディアン座をヒントにして登場したのかも。そう思えば納得・・・できるかなぁ。

インディアン座自体が、どうしてこんなところに、と不思議なんですけどねー。

2017年11月 8日 (水)

次は

こんばんは 千夜人です。

ギフトショップから、今回の法事もご用命を、との案内状が。不甲斐ない孫のせいで、法事ができるかどうかの危機。

 

養子縁組を本気で考えないといかんかな。

献血は鉄分補給でなんとかできたけれど、こちらの問題は別次元だからなぁ・・・。

さて。

先月のネタ星座ぼうえんきょう座の隣には、インディアン座という星座があります。

想像に難くなく、南の空につくられた新しい星座のひとつですcoldsweats01

大航海時代に、ようやくたどり着いた新天地で出会った民族をモデルにしてつくられた星座と思われます。

現代においては呼び方にいろいろ問題があるようですが、

当時は、新天地が当初の目的地インドだと信じられていたので、このような呼び方になってしまったそうです。

新大陸発見の偉業を讃える記念碑的な星座かもしれませんけれど。

個人的にはなんだかちょっと違和感がありますsweat02

2017年11月 5日 (日)

ほぼ

こんばんは 千夜人です。

ひと月ぶりでしょうか。久しぶりに、日曜日におひさまが撮れました。

2017110513550001  

廊下がぴかーと光っているので何事かと思いきや、窓から月明かりが射しこんでいました。

昨日が満月でしたので、とても眩しいです。

おうし座流星群南群の極大のころですが、こんなに月が明るいと、流れ星が飛んでもほとんど見えませんねぇ。

今夜は良く晴れて冷え込みそうです。

流れ星より、温かくして連休明けに備えろという啓示でしょうかね?

2017110518410001