第1惑星・星宇宙 Feed

2018年8月16日 (木)

見えている

こんばんは 千夜人です。

遠くのほうに漂っていた黒い雲の帯が、少しずつ南下してくるのが見えました。しばらくすると激しい雨が。これが前線?

 

寒冷前線が通過したからでしょうか、猛暑に慣れた身体には涼しいくらいの風が抜けていきます。

今夜は、足元にブランケットでも待機させておいたほうがいいかもしれません。

しかしながら、暑さが戻ったらキツさ倍増ですねdanger

あまり知られていない星座のひとつにけんびきょう座があります。

理科の授業で使った観察器具の、あの顕微鏡がモデルの星座です。

星占いの星座になっているやぎ座のすぐ南側、今なら火星の東側に位置していて、日本からは全体が見える場所にあります。

それなのに、明るい星もなく、目立つ星並びでもなく、お話もないので、

このような星座があることすら知らない方も多いのではないのでしょうか。

いくら微細なものを見やすくする顕微鏡の星座とはいえ、まさかそのものが見づらいとは・・・coldsweats01

2018年8月12日 (日)

外れて良かった

こんばんは 千夜人です。

遠雷も聞こえていたのに、降りませんねぇ。でも、おひさまは撮れました。

2018081210520001  

今夜は、ペルセウス座流星群が見頃を迎えるころですheart04

月明かりもなく、(ここは)良く晴れていますので、流れ星が観られるかもしれません。

お盆休みや夏休みを利用して空が暗いところへお出かけの方は、たくさん見えるかもしれませんね。

畑に雨がほしくて車を洗ったのですけれど、日を改めればよかったと後悔していました←うっかりさん。

否、正直雨は降ってほしいのですよ。豪雨被害に遭われた方には申し訳ないのですけれど、地面、かりっかりなので。

流れ星といえば、願い事をする風習がよく知られていますけれど、亡くなった人の魂とみるところもあるそうです。

時節柄、いろいろな想いで見ることになるでしょうか。

複雑な気持ちとは裏腹に、火星も土星も、夏の大三角も、よーく見えています。流れ星も、見えそうです。

せっかくなので、もう少し、眺めていようかなぁ。

2018081219120000

2018年8月11日 (土)

なにもなし

こんばんは 千夜人です。

今日は山の日です。でも、山へ行く元気はありません。さりとて海へも行かず。

 

その代わり、車を洗いました。

早速、効果覿面。天気予報に雨マークですsweat02

やぎ座の南に位置するけんびきょう座は、明るい星もなく、目立つ星並びもなく、メシエ天体も含まれていません。

今夜のおかずも、代わり映えしません。

2018081119170000

2018年8月10日 (金)

当時は

こんばんは 千夜人です。

福井国体・障スポの開催まであと50日です。

2018081023550000 

今朝、通勤用の駐車場が工事車両によって塞がれていて、大いに焦りましたshock

80代まで走っていた祖母とは違い、横断歩道くらいしか走れない自分sweat01

そういえば、従兄も伯母も、母上も走れる人やわ。

・・・どこで遺伝子が薄まってしまったのやら。

けんびきょう座は、18世紀につくられた新しい星座です。

当時使われ始めた医学用の顕微鏡がモデルなのだそうです。最先端の技術を讃える記念碑的な星座なのでしょう。

ところが、ミクロの世界に相応しく? もっとも明るい星でも5等級で、星並びどころか星を探すにも一苦労です。

この星座がつくられたころは、空はまだ暗かったのでしょうか。

顕微鏡の素晴らしさを後世に伝えるため、無理してでもつくりたかったのでしょうかcoldsweats01

2018年8月 9日 (木)

小さいほうも

こんばんは 千夜人です。

ちまちま作業もいよいよラストスパートです。でも、左目がもう小さい字は嫌だと見ることを拒否しています。

 

目薬を点したり、遠くを見たり、目を瞑ったり、騙し騙し進めていますけれど、すっごい嫌がっているのが分かります。

蒸しタオルで機嫌直して・・・。

この夏は火星が地球に大接近ということで、ちょうど夏休みと重なるともあり、

ホームセンターなどでは望遠鏡がいつもより販売台数を伸ばしているそうです。

まぁ、いろいろとツッコミどころはありそうですけれどsweat02

観察器具といえば、遠くを見るのが望遠鏡ですが、小さなものを見る顕微鏡もあります。

そして、星の世界にも顕微鏡がありまして、けんびきょう座という星座がありますflair

もちろん、新しくつくられた星座のひとつで、関連するギリシャ神話もありません。

ギリシャ神話に顕微鏡が出てきたら・・・ちょっと怖いかもcoldsweats01

2018年8月 4日 (土)

上を向いて歩きたい

こんばんは 千夜人です。

今夜はなんとなく、いつもとは違う理由で星を見たいような。

 

目がしょぼしょぼ、というよりむしろぽんぽん?despair

改めておばあちゃんの偉大さに感じ入りました。

孫中、ひ孫がいないのは自分だけ? お墓参りができるようになるまでにはなんとかせんとね・・・。

2018年8月 3日 (金)

最後の

こんばんは 千夜人です。

平成最後のフェニックス花火が開催されました。

 

夜空を彩る花火もいいですが、そのあとは地球に大接近した火星もどうぞwink

来年2019年5月の改元を前に、平成最後の夏といった言い方が受けているようです。

昭和から平成への移行は冬、いきなり訪れましたので、昭和63年の夏が最後になるかどうか分かっていなかったのですね。

最後の夏が分かっているのは、とても珍しいことのようです。

しかしまあ、これほどまでに暑くなるとは・・・。

 

明治45年に続く大正元年生まれ、昭和、平成と生きてきた祖母が、もうひとつの時代を目前に逝ってしまいました。

せめてテレビ中継でもいいから、福井国体の開会式を見せてあげたかったなぁ。

2018年8月 1日 (水)

8月恒例の

こんばんは 千夜人です。

36.0℃。何度も言いますが、今朝の体温ではありません。

 

今年も「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」がやってきましたheart04

スター・ウィークは、夏休みのこの時期、大人も子どもも星空を眺めてほしいという想いで始まったキャンペーンです。

今年のキャッチコピーは「火星がぼくらに会いに来る」だそうです。星空に、というより火星に親しむ1週間となりそうです。

火星が地球にもっとも接近するのは昨日でしたけれど、1日でその大きさや明るさが縮こまってしまうようなことはありません。

スター・ウィーク期間中はもちろん、8月いっぱいまでは充分に迫力ある姿を楽しめる・・・はず←感じ方には個人差があります

しっかし。

見ている間も汗が噴き出てきて、接眼レンズが曇りそうですsweat01

2018080122480000 ねー、それほど見た目、変わらないでしょう?wink

2018年7月31日 (火)

燃えている

こんばんは 千夜人です。

福井国体・障スポの開催まであと60日です。

2018073117520000 

あまりにも熱いので、80mm砲で迎撃・・・んなワケないですsmile

火の星と書きますけれど、火星は、燃えているのではなくて太陽からの光を受けて見えている惑星です。

今日は、15年ぶりに火星地球に大接近します。その距離5758万km、明るさはマイナス2.8等だそうです。

ほんと、こんないっけー火星久しぶりやわぁ。

2018073121350000 携帯カメラなのでこれが限界です。ちなみに、手持ちで手動。

日中、作業に集中して目が疲れてしまったのもあるかもしれませんが、

目では、南極の白い氷は判るのですけれど、砂嵐が発生しているのか黒い模様は見えにくいような感じです。

まだしばらくは大きく明るく見えるので、無理せず楽しみたいです。

もうちょっと「らしく」写るともっと嬉しいのですけどね。まだまだ精進が足りませぬ。

2018年7月30日 (月)

月のせいで?

こんばんは 千夜人です。

37.1℃。問診表に書く今朝の体温ではありません。

 

この暑さも台風12号の影響でしょうか。

ニュース映像では、太平洋側の海岸に冬の日本海のような大波が打ち寄せていました。

土曜日が満月でしたので、大潮に当たってしまったことも波が高くなった原因かもしれません。

地球に大接近してマイナス3等級に迫る火星の輝きも、月が近いのであまり凄さを感じられないかもしれません。

でも、火星がこんなに明るいのって、異常事態なくらい珍しいのですよ。

そんな火星の話題で持ちきりなので、すっかり影を潜め・・・否、月明かりにかき消されてしまっているのですけれど。

流れ星のシーズン到来ですheart04

みずがめ座δ流星群やぎ座α流星群が極大を迎えるころなのですけれど、輻射点近くに大きな月がどっかと居座っておりますsweat01

8月のペルセウス座流星群に期待しましょうかねぇ。

ところで。

台風12号、どこ行くつもりなん?