第1惑星・星宇宙 Feed

2017年3月22日 (水)

桜はまだか

こんばんは 千夜人です。

セーレンプラネットでは、街明かりの中でもらしんばん座が判るのね・・・。

 

もっとも明るいα星でも4等星ですが、上下にあるγ星とβ星も確認できました。

足羽山という設定ですし、あまりに見えなさ過ぎてもおもしろくないし。

そこはさじ加減coldsweats01

さて昨日3月21日、東京で全国のトップを切って桜(ソメイヨシノ)の開花が宣言されたそうです。

こちらはまだまだ肌寒く・・・というよりむしろがっつり? 寒いですけれど、

そのような便りを聞くとそろそろ気持ちもうずうずしてきます。

各団体によって日にちにばらつきがありますが、福井の開花予想は4月の3日から7日、

満開までは1週間ほどかかるとみられているようです。

4月の月齢ですが、4日が上弦moon2、11日が満月fullmoonとなっています。

今年は、花見と月見が同時に楽しめるでしょうかheart04

もちろん、お天気も気になります。

花粉症やPM2.5も気になりますshock

その前に、そろそろ人事も気になりますΣ(゜□゜||)。

・・・仕事、どうなるんだろう。

2017年3月17日 (金)

どこ行く?

こんばんは 千夜人です。

下界は春休みに三連休。高速道路ではすでに渋滞も始まっているようです。自分は明日もお仕事ですが。

 

やっと春らしい晴天にも恵まれそうで、まさにお出かけ日和です。

いいもん。スギ花粉が飛びまくるだろうから・・・と負け惜しみ。

お出かけの方は、お気をつけていってらっしゃいませ。

さて、アルゴ船の行き先を示すらしんばん座は、かつてアルゴ座だった中でも北寄りに位置しています。

星座絵では、船から離れたところに描かれていることもあります。

こんなんで、方角をきちんと測れるのか心配になってきます。

新しい星座が続々とつくられていた時代には、ほばしら(帆柱)座と呼ばれていたことがあるそうです。

だからぁ、無理して分割しなくても良かったのに、ねぇ?

2017年3月16日 (木)

やってもうた

こんばんは 千夜人です。

昨日うっかり雨に濡らしてしまったからでしょうか、いまになって新たな場所にしもやけちゃん発症。

 

下界では小学校で春休みが始まるというこの時期に、やってしまった感満載ですdown

暖かい日もたまにはありますが、まだまだ油断大敵です。

4分割、もしくは3分割プラスワンされたアルゴ座は、ギリシャ神話の船をモデルにした大きな星座でした。

日本からも、冬の南の空の低いところを、まるで海を進んでいくかのように見えます。

星空の中でも冬の淡い天の川にあって、船の星座としては申し分ないところに置かれたのではないでしょうか。

らしんばん座も冬の天の川の近くにあるので、辺りには細かい星がたくさん散らばっています。

でも、メシエ天体はらしんばん座の領域には含まれていません。

星座を形づくる星も4等星、形にも特徴はなく、注目するような天体も見当たらず、しかも低空。

分けないほうが、見えにくい日本でももう少し注目されたのではないのかなぁと思ってしまいます。

2017年3月14日 (火)

ホワイ友

こんばんは 千夜人です。

今日はホワイトデイでした。たくさん頂きました。ごっそさんです!

2017031421350000  

白い日といいつつも、お外が白くなくてよかったです。

また寒さが戻りそうなので、少し白くなるかもしれませんけれど・・・。

そういえば、先月の友チョコ、全部食べていないのですけれどーcoldsweats02

それはさておき。

らしんばん座でもっとも明るい星にはα星の符号がつけられています。

明るいとはいいましても4等星なので、街明かりのあるところでは見つけにくいです。

おおいぬ座のしっぽの先、とも座の3等星がふたつ並んでいるさらに東寄り、

少し南に下がったところに位置しています。

星座を形づくるほかの星も4等星以下なので、せっかく出ているのに見つけられないかもしれません。

たとえ見つけられたとしても、羅針盤のかたちに見えるかどうかも怪しいのですけれどねcoldsweats01

2017年3月13日 (月)

どっちもありで

こんばんは 千夜人です。

今年一番の暖かさということで、目も鼻もどちらもモヤモヤです。

 

アルゴ座は3分割か4分割か。

ネタにしているついでに、今回ちょこっと調べてみました。

小さいころに買ってもらった本も、最近買ったり読んだりした本にも、3分割4分割両方載っていました。

時代によって解釈が違うのではなく、書いた人によってどちらかを選んでいるような気がします。

ただ、らしんばん座とりゅうこつ座には、星座の中でもっとも明るい星につけられるα星が存在しますが、

とも座とほ座にはα星がありません。

ということは、やはり3分割説が正しいのでしょうか・・・?

正しいとか間違いとかではなく、いろいろな解釈ができるということでcoldsweats01

そもそも、こんなややこしいことするから迷うんでしょーがー。

2017年3月12日 (日)

探してみたら

こんばんは 千夜人です。

晴れているのに、お布団も洗濯物も干せません。おひさまの撮影も窓越しです。

2017031211270000  

昨日観たプラネタリウム特別番組星空とともに」。

東日本大震災の夜、停電で灯りの消えた空に広がる満天の星空を再現。被災者の言葉が語られます。

番組の中で、夜空にはあまり知られていない星座もたくさんあることを紹介するくだりがあります。

今月ちょうどネタにしていることもあり、つい、らしんばん座を探しました。

冬の大三角の一角をなすおおいぬ座よりも少し東側に、大きなコンパスの星座絵が映し出されていました。

大きな船の星座アルゴ座を、船の部位を表す星座に分割したうちのひとつです。

小さなころに買ってもらって親しんでいた星の本には、アルゴ座が4つに分けられてしまったと書かれていました。

でも、アルゴ座が分けられたのは3つで、らしんばん座は新設されたという説もあるそうです。

気になって、手元にある他の本も探してみましたところ。

見つかりました。分割は3つで、らしんばん座は新設という本が。

しかも、よほど分割に異を唱えたかったのでしょうか、星座名がアルゴ座のままというものまで。

当時はアルゴ船の冒険物語にあまり興味がなかったのでしょうか、それほど気にしていなかったようです。

冬の北陸は天気が悪いし、南の空低いし、明るい星がないし、そして何より。

生まれつきの寒がりですし。

2017年3月 9日 (木)

3つか4つか

こんばんは 千夜人です。

今日3月9日は語呂合わせでサンキュー(感謝)の日だそうです。へぇぇー。

 

日本からも、冬の南の空低いところを進んでいく船の星座が見えます。

ギリシャ神話に登場する巨大な船アルゴ号を描いた星座で、その昔はアルゴ座と呼ばれていたそうです。

モデルとなった船同様にとても大きな星座で、日本からも一部は海の中から出てきません。

その後、アルゴ座は大きすぎるという理由で、船の部分を表す星座に分割されてしまいます。

自分が小さいころに買ってもらった星の本には、このとき4つにわけられてしまったという解説がしてありました。

とも座、らしんばん座、ほ座、りゅうこつ座の4つです。

ですが、いつのころなのか、本や著者によって異なるのか、アルゴ座は3つに分けられたというものもあるようです。

それによりますと、アルゴ座はとも座、ほ座、りゅうこつ座の3つにわけられ、らしんばん座が新設されたという説です。

この場合らしんばん座は、大航海時代につくられた当時の最新技術の星座のひとつということになるのですけれど。

やっぱり神話の時代のアルゴ号には、羅針盤は搭載されていなかったのでしょうか・・・?

2017年3月 8日 (水)

どっち向く

こんばんは 千夜人です。

ははは~、白い。白いです。ついでに寒いです・・・←もう笑うしかない。

 

もう3月なのにというべきなのか、まだ3月だからというべきなのか。

とりあえず、福井はまだ雪国に分類されてもよさそうです。

ギリシャ神話に登場する巨大な船を模したアルゴ座は、星座としても大きすぎたため、

それぞれ船の部位を表す4つの星座に分割されてしまいました。

その中のひとつらしんばん座は、航海術で方位を知るために使われる道具の星座です。

羅針盤は、方位磁針の一種なのだそうです。

アルゴ座がお話の中で実際に羅針盤を搭載していたのかは判りませんけれど、

方位磁針の原型となるものはずいぶんと昔から使われていたそうです。

磁石が同じ方向を指し示すことに気づいた昔の人って、偉いなーと思います。

いろいろカタチは変わっても、結局現代でも使われ続けているのですから。

2017年3月 7日 (火)

行き先は

こんばんは 千夜人です。

受験に卒業に人事異動・・・そんな季節です。

 

ときどき吹雪で視界が真っ白になりましたけれど、やはりお彼岸まではタイヤ交換しないほうがいいですね。

なにがあるか分かりません。こわいこわいsnow

その昔、アルゴ座というとても大きな船の星座がありました。

ギリシャ神話に登場する巨大な船がモデルで、星空の中でもかなりの領域を占めていました。

18世紀ごろ、アルゴ座は、大きすぎるという理由で4つの星座に分割されてしまいました。

先月ネタにしたとも座に隣接して、らしんばん座があります。

らしんばん座は、航海術などで方位を知るために使われる道具、羅針盤を描いた星座です。

別に、大きくたっていいのにねーsweat02

2017年2月26日 (日)

地球の裏側で

こんばんは 千夜人です。

実は、今朝晴れている間に撮れなくて、昨日撮っておいたおひさまです。

2017022510050000  

昨日みたいにまた晴れてくるかなーと余裕かましておりましたところ、

洗濯物まで雨に遭ってしまうという大失態shock

もうちょっとお天気に対して注意力を向けないといけないですね・・・反省。

さて、そろそろ始まったころでしょうか。

南米から大西洋、アフリカにかけて金環日食が起こります。

地球から見て、太陽が月に隠される現象が日食です。

今回は、地球と月の距離が遠いので、太陽が月に完全に隠されずにリング状に見える金環日食になるそうです。

日本から遠征されている方もいらっしゃるのでしょうか。

晴れるといいですねsun

2017022619100001 こちらは、なんとも日本的なお夕飯。