第1惑星・星宇宙 Feed

2018年10月22日 (月)

月は見たけれど

こんばんは 千夜人です。

日本時間10月20日10時45分、水星磁気探査機みおを搭載したアリアン5型ロケットが無事打ち上げられました。

 

水星に到着するのは7年後の予定ですsweat01

今日は、オリオン座流星群極大日ですheart04

予想されている時間帯は02時ということで昨夜になるのですけれど、活動期間は月末まであるということですので、

普段よりは多めの流れ星が見られるかもしれません。

オリオン座は冬の星座ですし、満月期の明るい月が沈むのを待って、夜中を過ぎてから流れ星を探すことになりそうです。

この時期、夜の冷え込みがつのる頃ですし、なにより、お仕事に障りが出る時間帯です。

くれぐれも無理をなさらぬよう、お気をつけください。

2018年10月21日 (日)

見ました

こんばんは 千夜人です。

お外に飛び出したくなるような、すかっと気持ちのいい青空でした。お出かけ前に、日曜日のおひさまを忘れずに。

2018102110380000  

今日は旧暦の9月13日、十三夜です。

中秋の名月のあとのお月見ということで後の月、栗や豆をお供えすることから栗名月とか豆名月などとも呼ばれます。

中秋の名月と十三夜を両方見ないと片見月といって縁起が悪いといわれていますけれど、

どうやら遊郭の客寄せから出てきた言い伝えのようです。

今年の中秋の名月は、あいにくの空模様で見られませんでした。

となると、十三夜は晴れても見てはいけないのかとすっごく悩んでいたのですよ、自分なりにdown

でも、自分は遊郭遊びとは縁がありませんので、今夜のお月さまは堂々と見ましたsmile

2018102119560000 (主砲を携帯カメラで覗いて撮りましたので、左右が逆になっています)

 

2018102118370000 栗も豆もありません。今夜は魚焼いただけ・・・sweat01

2018年10月19日 (金)

さあどうする

こんばんは 千夜人です。

今週末は、のんびりする? お出かけする? ・・・あ、お洗濯物が溜まってる・・・。

 

福井しあわせ元気国体・大会の開会式や競技観戦などで出っ放しでしたので、家の中のこともしないとbomb

でも、気になる催し物もいろいろあるのです。

さて、21日は旧暦の9月13日。十三夜です。

中秋の名月の次のお月見で、後の月とも呼ばれています。

中秋の名月と十三夜は、両方見ないと片見月といって縁起が悪いそうですshock

自分は、今年の中秋の名月は見られませんでした。

今年の十三夜は、晴れても見てはいけない、のかな。

2018年10月16日 (火)

まつりのあと

こんばんは 千夜人です。

福井しあわせ元気国体・大会は終了しました。撤収や後処理がはじまっています。

 

留守番とかお手伝いとか一般観覧という形ではありますけれど、少しでも関われてよかったと思います。

この夏、地球に大接近と謳われて話題となった火星ですけれど、宵の空でまだ見ることができます。

最接近のころから比べますとずいぶんと輝きも鈍く?・・・衰え?・・・失礼! 控えめになりましたけれど、

意外と明るく光っています←見え方には個人差があります

惑星なので星座の星とは光り方が違うからか、まわりが地味だから目立ってしまうのか、

知らず知らずのうちに目に入ってきてしまいます。

そろそろ紅葉の便りなども聞かれ始め、夜は冷え込むようになりました。星空を眺めるときは、暖かい服装をしましょう。

ほっとして風邪をひくかも・・・て、そこまでは携わっていませーん。

2018年10月15日 (月)

終わってもた

こんばんは 千夜人です。

福井しあわせ元気大会(障スポ)が3日間の競技日程を終え、閉幕しました。

2018101414300000  

とうとう終わってしまいました。

選手、役員、ボランティア、応援の皆々さま、お疲れさまでした。

もうなのか、やっとなのか、まだなにがなんだかよく解らないですけれど、とにかく閉幕しました。

張り詰めていた職員さん方、急に風邪などひかれませんように。

新しくつくられた星座ではありますけれど、明るめの2等星をふたつも擁するつる座

もう少し知られていてもいいのではないかなぁ、と個人的には思います。

ずいぶんと南に位置するからでしょうか、メシエ天体も選ばれてはいません。

・・・んー、なんか他にネタになるようなこと、あったかなぁ。

2018年10月14日 (日)

ばたばたと

こんばんは 千夜人です。

福井しあわせ元気大会(障スポ)は2日目。風が強かったものの、青空におひさまが輝いていました。

2018101410080000  

屋外競技は、風の影響があったかもしれません。応援も、風が冷たいので肌寒かったかもしれません。

それでも各会場では熱戦が繰り広げられ、大いに盛り上がって・・・いたことを願いますsweat02

明日の午後には閉会式を迎えます。

頼りないけど、お留守番頑張ろう。

南の空を低空飛行しているように見えるつる座は、残念ながら? 17世紀頃につくられた新しい星座です。

つる座はかつて、フラミンゴ座とかさぎ座とか、こうのとり座などと呼ばれていた時代があるそうです。

足の長い大型の鳥という共通点はありますけれど、

大神ゼウスが変身した鳥、というギリシャ神話とのつながりがあるわけではないので、個人的には別にどれでもよかったですcoldsweats01

星の名前には、みなみのうお座の名残とも受け取れるものがいくつかあるようでして、

無理矢理ここに新しい星座をつくらなくてもよかったのではないかと思ってしまいました。

2018101419010000

2018年10月12日 (金)

つーっと

こんばんは 千夜人です。

今日の雨も夜にはあがり、明日は無事晴れそうです・・・たぶん。

 

毎朝、出勤時にラジオから流れてくる落語。オチの前に駐車場に到着してしまいますsweat02

オチまで聞けたら、時間的にちょっと危ないですcoldsweats02

秋の夜空高く、といいたいところですが、日本ではかなりの低空飛行をしているつる座

明るい星が少ない秋の星空で、2等星が含まれるのでもう少し目立ってもいいはずなのですが、

場所が場所だけにツルの星座があることもご存じない方が多いかもしれません。

ギリシャ神話に登場する大神ゼウスが化けた・・・となればもっと知名度は高かったかもしれませんけれど、

残念ながら17世紀頃につくられた新しい星座のひとつです。

静かに更けゆく秋の夜長に、黙って飛んできたかのように、ひっそりと。

2018年10月10日 (水)

時代が変われば

こんばんは 千夜人です。

昭和育ちなので? 10月10日といえば体育の日です。でも今は、祝日ではありません。

 

秋の星座で唯一の1等星は、みなみのうお座のフォーマルハウト。

惑星などが紛れていなければ、他に明るく目立つ星がないのでとても目立ちます。

フォーマルハウトを目印にして、南へ(下へ)視線を移すと、2等星がふたつ並んで光っています。

つる座でもっとも明るいα星アルナイル(右、西側)と次に明るいβ星(左、東側)です。

アルナイルから少し北に戻ったところにあるのが3等星のγ星アルダナブです。

アルナイルは、魚の輝く星とか輝くものという意味があるそうです。

アルダナブのダナブは、デネブとかデナボラと同じようにしっぽという意味があるそうです。

今はつる座の星ですけれど、これらの星がかつてみなみのうお座に属していた名残かもしれませんね。

2018年10月 9日 (火)

まだまだぁ

こんばんは 千夜人です。

福井しあわせ元気国体が閉幕しました。障スポの開幕まであと4日です。

 

あああ~。電話が、電話が~sad

今日は、10月りゅう座流星群が極大を迎えるころだそうですheart04

なにやら堅っ苦しい名称ですけれど、ジャコビニ流星群というと、聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

流れ星のもとになる塵を撒き散らす彗星の周期の関係で、13年ごとに数が増えると考えられているそうです。

それで今年は、といいますと、彗星は先月9月10日に地球に近いところを通っていたのですが、

前回の2011年からはまだ13年経っていませんので、大発生の可能性は低いとみられています。

予測どおりですと、次回は2024年ということになりそうですflair

2024年というと・・・パリオリンピック開催の年、ですかcoldsweats02

2018年10月 5日 (金)

順位

こんばんは 千夜人です。

今週末は、台風25号が接近する恐れがあるそうです。もう来ないでほしいです。

 

只今開催中の福井国体は、今日10月5日の競技終了時点で、チームふくいが天皇杯、皇后杯ともに1位だそうです。

開催県が総合優勝を目指すのは必然? だとしても、近年は東京が取っていくこともありましたので。

せっかくの地元開催なので、なにか競技も見たい、応援に行きたいなぁheart04

秋の夜空には1等星がひとつしかありません。みなみのうお座のフォーマルハウトです。

ひとつしかないのでとても目立ちますけれど、21個ある1等星の中での順位は18番目になります。

そこから南へ少し下ったところに、少し控えめながらも光っている星に気がつきます。

つる座の2等星α星のアルナイルと、β星です。

アルナイルは、2等星の中で10位内に入るほどの明るさですshine

ただ、残念なことに、日本からではあまり高く昇りませんので、2等星トップ10のイメージどおりではないかもしれません。

それでもやはり、まわりが目立たない星ばかりなので、ついつい気になってしまうかもしれませんね。