第1惑星・星宇宙 Feed

2018年6月24日 (日)

防災

こんばんは 千夜人です。

久々に黒点が見えていました日曜日のおひさまです。薄いので判りづらいかも(中央より少し左上です)。

2018062413240000  

今日は、福井市の総合防災訓練がありましたので参加してきました。

日焼け止めに帽子や日傘。

陽射しが燦燦と降り注いでいたので、そちらの対策も忘れずに施したのですけれど。

年々濃くなっていく黒点が、やはり気になりますbearing

2018062419020000

2018年6月23日 (土)

半端ない

こんばんは 千夜人です。

お夕飯は通常量。むしろやや控えめ?

2018062319180000  

夜空を見上げて見える星。

どれも同じような光の点ですが、注意して見ますと、明るさや色、光り方に違いがあることに気がつきます。

見え方だけでなく、実際にいろいろな星が存在します。

観測技術の進歩に伴い、最近では遥か遠くの星の大きさまで判るようになってきたそうです。

文字通り星の数ほどある星の中で、たて座UY星が、現在分かっている星の中でもっとも大きい星なのだそうです。

その大きさ、およそ太陽の1700倍sign02

たて座UY星を太陽の位置に置きますと、木星軌道辺りに達する大きさなのだとかshock

観測方法の改良などで、今後数値が変更されることもあるかもしれませんけれど。

とりあえず今のところは・・・どんだけデカいん?

2018年6月22日 (金)

こっそりと

こんばんは 千夜人です。

芝政の陽射しにやられて、ポッキー焼け(死語?)になってしまいました。いちご味? 白桃味?

 

あかるく目立つ星もなく星座としては地味な感じのたて座ですけれど、

天の川の中というかなり恵まれた立地条件で、肉眼では見えないような星が数え切れないくらい散らばっています。

物質が多いからなのでしょうか、小さい星座にしては珍しく、メシエ天体がふたつも含まれています。

いずれも、たくさんの星が集まっている散開星団のM11とM26です。

ごちゃごちゃと星が寄り集まっていて空の暗いところでは肉眼でも位置が判りそうなM11に比べ、

M26は星の数も少なくまばらに見えるそうです。

小さな星座にしては、なかなかいいものを隠し持っているようです。

2018年6月20日 (水)

ぐわぐわぐわ

こんばんは 千夜人です。

ワールドカップ ロシア大会。昨夜は、日本対コロンビアの試合が行われました。2対1で日本が初戦を制しました。

 

記事を更新してからテレビをつけましたら、どういうわけか11人対10人の試合になっていました。

なにはともあれ、勝ちは勝ち。次のセネガル戦も、この勢いでがんばれー。

窓の外でカエルが鳴いています。今週は梅雨らしい空模様となりそうです。

天の川の濃い部分につくられたたて座は、明るく目立つ星はありませんけれど、細かい星が無数に集まっています。

とくに、3000個ほどの星が寄り集まっているのが、メシエ天体のひとつM11散開星団です。

散開星団に分類されているので、星がぱらぱらとまとまっているように思えますが、

散開星団の中ではもっとも星が密集しているタイプで、双眼鏡や望遠鏡で観察するととても見ごたえがあるそうです。

星が集まっている様子をカモの群れに見立て、野鴨星雲とも呼ばれているそうですけれど・・・。

何故カモ?

2018年6月19日 (火)

どこまで

こんばんは 千夜人です。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本の初戦が始まりました。がんばれニッポン!

 

1次リーグH組の日本は、今夜コロンビアと、日本時間25日0時にセネガルと、28日23時にポーランドと戦います。

自分は、サッカーはあまり知りませんけれど、やはり気になりますね。これ書いたら中継観ようheart04

ポーランドといえば、ポーランドの王さまにちなんだ星座、たて座がありますflair

17世紀につくられた新しい星座で、もっとも明るい星でも4等星で、判りやすい星並びでもなく・・・、

むしろ天の川の一部分を区切っただけのような気もするのですけれど。

この辺りは、微光星が密集して見えるので、小さな星の雲スモールスタークラウドとも呼ばれているそうです。

5度ほどの領域に、天文学者ウィリアム・ハーシェルは33万個の星を数えたという逸話もあるそうです。

星の数ほどとはいいますけれど・・・数えたんだ、33万個sweat02

2018年6月18日 (月)

防げる?

こんばんは 千夜人です。

今朝、運転中に突然車がうにょうにょに。大阪府北部を震源とする地震で、福井市も震度3を観測。

 

今月28日には、福井地震から70年目を迎えます。

今週末は防災訓練も予定されています。

そのようなときに大阪からではありますけれど、ホンモノの地震が・・・。

気が引き締まる思いです。

17世紀、ヨーロッパに侵略してきたオスマン・トルコ帝国軍を打ち破ったポーランド王ヤン・ソビエスキを讃えて、

夜空にソビエスキのたて座がつくられました。

イスラム教とキリスト教との戦いを象徴するかのように、星座絵の楯には、十字架が描かれることが多いようです。

天の川の濃くなった部分を防具に見立てたようですけれど、

星並びとしてはもっとも明るい星でも4等星、あとはどうつないで楯にみせるのかまったく判りません。

今では、王さまの名前も外されて、単にたて座と呼ばれています。

2018年6月15日 (金)

時代が

こんばんは 千夜人です。

傷跡といえば、この時期は手術痕もなんとなく痛いような、だるいような。

 

名前を聞いてもどのようなものか、思い浮かばない星座の代表ともいえそうなのがたて座です。

ギリシャ神話の英雄が使っていた防具が描かれているのかと思いきや。

この星座がつくられた当初はソビエスキのたて座と呼ばれていて、

17世紀にヨーロッパへ侵攻してきたオスマントルコ軍を打ち破った、ポーランド王ヤン・ソビエスキを讃えるためにつくられたのだそうです。

天の川の、特に濃くなった部分に当てはめられた、新しい星座のひとつです。

もちろんギリシャ神話はありません。

2018年6月14日 (木)

傷跡

こんばんは 千夜人です。

いよいよ明日10時、白山白川郷ホワイトロード(旧・白山スーパー林道)が全線開通するそうです。

 

福井では2月に37年ぶりという大雪を経験しましたけれど、この冬は白山も雪は多かったのでしょうか。

山の名前からして、もともと雪が多いことは容易に連想されますけれど、5月にも雪は降っていたらしいですshock

近頃ニュースでは、除雪費用が嵩んで赤字になった福井市が、

不足分を職員の給与カットでまかなう方針を打ち立てたという話題が報じられています。

街中では、まだガードレールや標識がへしゃげたままだったり、路面がえぐられたままだったり、

自動車修理工場では、修理や板金待ちの車がまだ順番待ちをしているそうです。

自分の割れたかかともまだ、完全に塞がっておりませんbearing

雪をなめてはいけません。否、空気が汚いからという意味ではなくて。

暖冬傾向とはいえ、雪国であること、そこに住んでいるという自覚を忘れてはいけません。

協力して雪かきすれば道は拓けますし、暖かくなればそのうち溶ける。乗り越えられないことはない。

立て! 立つんだー!←しつこいsweat02

ちなみに。

たて座は、漢字で書くと楯座。防具の楯を描いた星座です。

2018年6月13日 (水)

片方が

こんばんは 千夜人です。

久しぶりな気がしますけれど、今夜も木星が見えています。

2018061323190000  

左側にガニメデ、右側にカリスト、横いっぱいに広がってしまっています。

片方が良く見えるようにするともう片方が視野から出て行ってしまうので、両方入れようとすると暗くなってしまいます。

木星の近くでよく見えているのはイオとエウロパです。

さてと。

今月ネタにしようとしているのは、たて座という名前の星座です。

それなら「よこ座」はあるのかといいますと、そちらは存在しません。

2018年6月 9日 (土)

土曜日の

こんばんは 千夜人です。

今日は、関数の講習を受講してきました。普段から座りっぱなしですけれど、お勉強となると疲労感が違います。

 

6月に入ってから湿度を感じるようになってきましたけれど、梅雨入り宣言はまだだからでしょうか、

ありがたいことに貴重な晴れ間に恵まれることが多いような気がします。

今夜はがんばって土星を撮ってみました。

2018060923060000 前回の土星よりは、土星っぽくなったでしょうか。

ちなみに、木星とガリレオ衛星はこうなっていました。

2018060922400001 左から、イオ、木星、エウロパ、カリストとガニメデです。

やはり、見え方に変化があるのでおもしろいですね。

明日、晴れるかどうか微妙なので、おひさまを前撮りしました。

2018060917010000_2

2018060918550000