第1惑星・星宇宙 Feed

2019年11月21日 (木)

気の持ちよう

こんばんは 千夜人です。

こういう職場にいると、働く気が失せてしまうような書類を見てしまうことがあります。まあ、いろいろと。

 

賞与も退職金も無いし、有給休暇も健康診断でしか取れていないけれど、残業が無く身体を壊さないから、まだいいかぁ。

・・・なんかねぇ。でも頑張る。

さてと。

小さくて目立たなさそうなさんかく座は、古代ギリシャの時代から知られていたれっきとした歴史のある星座です←日本語が変。

明るい星が少ない秋の星座の中にあって、空が暗くて星がたくさん見えた時代には、

こぢんまりとした星並びが、かえって現在よりも目に留まりやすかったのかも知れません。

それは日本でも同じだったのでしょうか、本によっては、さんかくぼしと呼ばれていたと紹介しているものもありました。

星空に無数にある三角の中から、西洋人も日本人も、これぞ三角! と選んだわけですよね。

そこはやはり同じ人間。理想とする三角は同じだったということでしょうか。

2019年11月17日 (日)

ひらひらと

こんばんは 千夜人です。

今日も相変わらず、無黒点のおひさまです。

2019111710450001  

そろそろ紅葉も終わりでしょうか。

今年もしし座流星群の季節になりました。

流れ星の素となる彗星から放出されたチリの分布や、月齢から、今年はあまり期待できないそうです。

凍てつくような寒さに耐えながらも、雨のように降り注ぐ流れ星を眺めたあの日から・・・。

年月を感じます。

2019111719180000

2019年11月16日 (土)

キケンなツキヨ

こんばんは 千夜人です。

今日のお夕飯は、鮭の西京焼きです。あぁ、またご飯がすすむ・・・。

2019111618530000  

もう20年くらい前になりますでしょうか。

山登りの途中、おいしそうなキノコがたくさん生えていたので、いくつか採ってかえりました。

干ししいたけにでもするつもりだったでしょうか、とりあえず紙箱に並べて廊下に置いておきました。

日が暮れた頃。

ももちゃんcatが廊下で暴れているので、何事かと様子を見にいきましたら。

灯りを点け忘れた真っ暗な廊下の隅で、紙箱がぼわーっと光っていましたshock

夜目が利くももちゃんが、怪しく光る紙箱に向かって突進したり、飛び退いたり、猫パンチを繰り出したりしていました。

あぶねーdanger

2019年11月15日 (金)

さんさん

こんばんは 千夜人です。

指先だけでなく、足首から先がひやーっとします。数分でも構わないので、窓際で日に当たりたいです。

 

小さいながらも、昔から知られていたさんかく座

空が暗くて星が良く見えていた頃は、小さくてもしっかりと認識されていたのかもしれません。

これまた意外なのですけれど、小さいのにメシエ天体が含まれています。

M33さんかく座の銀河です。

写真ではぐりぐり渦巻いた迫力ある姿を見せていますが、6等級という割には淡く広がっているので肉眼では見えません。

250万光年くらい離れたところに位置していて、天の川銀河やアンドロメダ銀河と仲間を構成していると考えられています。

広い宇宙の中では、まだまだご近所さんの範囲です。

2019年11月14日 (木)

歴史

こんばんは 千夜人です。

今まさに、令和の大嘗祭の儀が執り行われているそうです。

 

小さくて目立たない星座のひとつのさんかく座

星座絵を見ますと三角定規が描かれていますし、関連するギリシャ神話もないようなので、

新しくつくられた星座と思われがちですが。

古代ギリシャの時代にはすでに知られていた、歴史のある星座なのだそうです。

なんか、意外。

2019年11月12日 (火)

かすりもしない

こんばんは 千夜人です。

福井県が来年に打ち上げを予定している県民衛星の名称が「すいせん」に決まったそうです。

 

62名の方がすいせんで応募されたそうです。自分はその中には含まれておりませんdown

さて、今夜は満月ですfullmoon

おうし座流星群北群がピークを迎える頃だそうですけれど、月明かりが強烈で流れ星は見えそうにありませんsweat02

どちらかといえば、お月見をしたほうが良さそうなくらい、満月が輝いています。

でも、お月見をするには寒すぎますね。

とりあえず、窓越しに眺めています。

2019年11月11日 (月)

揃いました

こんばんは 千夜人です。

今日も今日とてちっくりさす。あいもかわらずこんな感じ。やはりなんとなくまとまっていません。

2019111114500000  

剣山が怖いので、刺せたら(刺さったら)そのままsweat02

今日は、令和元(1)年11月11日です。11時11分もあわせたら、あああ、なんて1だらけ。

秋の星座には、1等星がひとつしかありません。

みなみのうお座にあるフォーマルハウトという星です。

東の空に昇り始めた冬の星座には、1等星が8つあります。

オリオン座のベテルギウス、リゲル、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス、

ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン。あと、福井からは見えるか見えないか、りゅうこつ座のカノープスです。

職場からの帰り道、暗くなり始めた空にカペラが見えると、指先がちーんとしてきます。

2019年11月 7日 (木)

あるのとないのとでは

こんばんは 千夜人です。

お風呂の営業を再開しました(その代わり、シャワーは休業)。あったまり方が全然ちゃうー。

 

秋の夜空に横たわる大きな星座、くじら座

くじら座の心臓の部分で光っているのが、ミラという名前の星です。ミラクルのミラ。不思議なものという意味です。

ミラは、名前に相応しく、明るさが変わって見える不思議な星、変光星です。

330日ほどで、2等星から10等星まで明るさが変わります。

明るい星が少ない秋の星空の中では2等星はかなり目立ちますし、10等星だともう肉眼では見えません。

今年は、ちょうど今頃が明るさのピークを迎える頃だとされています。

でも、1年365日とミラの周期の330日にはズレがありますので、くじら座が見やすい時期にミラが見えないこともあるのです。

心臓が無い・・・文字通りのオバケくじら・・・shock

2019年11月 6日 (水)

海と山と

こんばんは 千夜人です。

本日11月6日の0時、越前がに漁が解禁されました。

 

今日は旧暦の10月10日。十日夜ですmoon1

田んぼの神さまが山へとお帰りになる、収穫を感謝する日とされています。

旧暦8月15日の中秋の名月、9月13日の十三夜はお月見の意味合いが濃いのですけれど、

さすがに今夜は、悠長に月を眺めていられないくらい冷え込んでまいりました。

2019110620420000 寒いけれど、くっきりはっきり見えました。

身体が冷え切ってしまう前に、ちゃっちゃと撮りましたsweat01

その後は、生姜湯にお餅であったまりますcoldsweats01

2019110620560000

2019年11月 5日 (火)

冬に向けて

こんばんは 千夜人です。

屋内で冷え切った身体を、日向ぼっこで充電充電。

2019110516270000  

お堀に浮かんでいるカモの数が増えてきました。

今朝は、この秋一番の冷え込みになったそうです。今夜も更新しそうな気配ですdown

そろそろ、おうし座流星群南群がピークになる頃ですheart04

おうし座流星群は、たまに明るいのがぴゅーっと長く飛ぶ印象があります。

秋晴れはありがたいのですけれど、放射冷却でかなり冷え込みます。じっと待っているには、真冬の格好でもいいくらいです。

季節の変わり目にうっかり風邪など召されませんように・・・。