第2惑星・プラネタリウム Feed

2019年10月23日 (水)

西口プラネ 世界一周

こんばんは 千夜人です。

せっかくバイトしても、どっか行きたい病が発症してしまいます。もうちょっとガマンガマン。

 

だから、というわけでもないのですが。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

どっか行った気分になれる? 音楽の時間世界星空めぐり」を観てきましたnotes

飛行機で世界をめぐり、その国と星にまつわる音楽やエピソードが紹介される番組です。

ドームに入ると、早速、小松空港の風景が映し出されています。投影前のご案内も機内アナウンス風です。

小松空港を飛び立ったセーレンプラネット航空428号便は、フランスのパリへ。

エッフェル塔と凱旋門の上に星が見えてきます。ここでは、フランスの天文学者メシエについての紹介です。

次に向かったのはスウェーデンのストックホルム。ここでは秋に、天の川が頭の真上を通ります。

イギリスでは、ストーンヘンジ遺跡から見る北極星。大航海時代には、星で方角を導き出していました。

ハワイのマウナケア山頂には各国の天文台が並んでいます。

チリのアタカマ砂漠にあるALMA望遠鏡。電波望遠鏡群が観測で首を振っているのがなんともかわいいです。

さらには南極大陸へ。太陽が不思議な動きをみせる白夜と、逆に太陽が昇らない闇夜を覆うオーロラ。本物を見てみたいけど・・・無理やわーsweat02

そして一路小松空港へ。45分間の世界一周の旅でした。

各地での星座の高さや向きなど、見え方の違いにも気をつけて見るとおもしろいですよwink

2019年10月18日 (金)

西口プラネ はやぶさ2

こんばんは 千夜人です。

9月分の給与明細が届きました。勤務日数が少なかった関係で、金額がさみしー。

 

投影開始時間ギリギリ滑り込みで、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきました。

投影スケジュールの関係で、土日のこの時間帯は無理ですし、平日は定時どおりに片付けて走れば間に追うかどうか。

で、間に合いました。

天文の時間が10月から「はやぶさ2のミッション振り返り」になりましたheart04

小惑星リュウグウの探査を行ってきた小惑星探査機はやぶさ2が、今年末、いよいよリュウグウを離れて地球に向かいます。

その前に、はやぶさ2のミッションを振り返りましょう、という内容です。

JAXAや番組配給会社が作製したPR映像の投影かと思っていましたが、スタッフさんによる全編生解説の番組でしたcoldsweats01

前半は、今夜福井で見ることができる星空の解説です。

この空のどこかにはやぶさ2がいるのだなぁと思うと、星空を眺める気分もいつもとは少し違ってくるかもしれません。

後半は、はやぶさ2が成し遂げてきた数々のミッションを、映像や再現で振り返ります。

打ち上げの様子や、地球スイングバイの再現、タッチダウンの映像などが投影されました。

この広い宇宙の中で、地球から遠く離れて、こんな小さな機体でよぉ頑張ってるよ。

きっと持って帰ってくれるよね、宝物。

2019101018220000

2019年10月 5日 (土)

西口プラネ 銀河5

こんばんは 千夜人です。

献血の検査結果が届きました。コレステロールが平常値に戻っていました。・・・健診前夜、何食べたっけ。

 

今日は(も?)福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」を観てきました。今回の担当は山口さんです。

前半は、晴れていれば今夜福井から見ることができる星空の解説と、

後半は、季節ごとに替わるトピックで今回は銀河についてです。

まずは、この日の夜1番目立つ月からmoon2、ちょうど両脇に輝く木星と土星shine、街の中でも見つけられる明るい天体から。

空の暗いところへ移動して、夏の大三角の星や星座をめぐります。

後半のトピックでは、天の川銀河の星たちを立体的に眺めたり、さらに遠くの宇宙の構造を見に行ったり。

ラストは、天の川銀河のお隣の銀河、アンドロメダ銀河を真夜中の星空に探します。

秋の四辺形からアンドロメダ座を探し、ぼやーっと光る銀河を探します。淡い天体を探すときは、そらし目という技があるそうですよ。

人の目で見える1番遠くの天体、ぜひ実際の空でも探してみたいですねwink

2019100512330000 

2019100518560000

2019年9月30日 (月)

西口プラネ 銀河4

こんばんは 千夜人です。

今日も気持ちのいい晴れ間に、お外にお弁当を食べにいきました。でも、機材は持っていません。

 

朝は雲が多かったので、早々に諦めました。

昨日は、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

担当するスタッフさんによって内容やBGMが替わる「星空の時間」。今回は鈴木さんでした。

前半は、今夜晴れていれば福井から見ることができる星や星座のお話です。

今1番明るく輝いて見えるのは木星、そして土星です。これらの星は地球の仲間の惑星で、星座をつくっている星とは違います。

次に明るくて目立つのは、頭の真上に見える夏の大三角の星です。

今の時期、宵の頃では西の空に夏の星座、東の空には秋の星座が見えています。

秋の星座の目印は、カシオペヤ座や秋の大四辺形です。

後半は、季節ごとに替わるトピックです。秋のテーマは銀河です。

1番身近な銀河、天の川銀河は、数千億個の星が集まった星の大集団です。

天の川銀河のお隣の銀河は、光の速さで230万年離れたところにあるアンドロメダ銀河です。

アンドロメダ銀河は、空の暗いところでは肉眼で見つけることができます。目で見えるもっとも遠くの天体ともいえます。

もちろん、迫力のあるきれいな写真とは違って、肉眼ではぼやーっとしか見えませんけれどsweat01

2019092310210000 天之図は、裏と表が? ひっくりかえって描かれています。

2019年9月28日 (土)

西口プラネ 銀河3

こんばんは 千夜人です。

今日は七十二候の蟄虫坯戸(むし かくれて とをとざす)です。

 

戸を閉めるには、まだちょっと早いかもしれませんね。

さて今日は、クールシェアのスタンプゲットを兼ねて、福井市自然史博物館分館ドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによって内容が異なる生解説の番組「星空の時間」。今回の担当は、この夏デビューした井上さんでした。

前半は、今夜晴れたら福井で見ることができる星や星座のお話です。

街中でも見つけられる明るい惑星と、秋の星座で北極星を見つける目印にもなるカシオペア座。

頭の真上にはまだ夏の大三角も見えています。

・・・秋から? あぁそっか、北の空だしねcoldsweats01

後半は、3か月ごとに替わるトピック。今は銀河についてのお話です。

空が暗くて星がたくさん見えるところへ行くと、夜空を取り巻く天の川が見えます。天の川は、星がたくさん集まった銀河です。

そのような銀河は、天の川銀河だけでなく、さらに遠くの宇宙にたくさん散らばっているそうです。

夜空の星を眺めるというのは、宇宙を眺めているのと同じことなのです。

井上さんは声がいいので、映画の予告編を聞いているような雰囲気でした。

お昼に行ったら寝てしまいそう・・・sweat02

2019092818490000

2019年9月16日 (月)

西口プラネ 銀河2

こんばんは 千夜人です。

早い人だと、同級生にすでに孫がいるらしいです。不甲斐なくてどーもすみません。

 

今日はなんとなく蒸し暑くて、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ涼みに行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組、星空の時間今夜の星空さんぽ」。今回の担当は見張さん。

季節ごとに替わるトピック、この秋は銀河だそうです。

前半は、今夜晴れていれば福井から見ることができる星空の解説です。

今夜1番明るいのは、月。次に明るいのは惑星の木星や土星です。

満天の星が見えるところでは、頭の真上にある夏の大三角や天の川、東の空には秋の大四辺形が見どころです。

後半は、銀河についてのお話です。天の川は、たくさんの星が集まった銀河を内側から見ている姿です。

銀河の外にも星の大集団はたくさんあって、お隣はアンドロメダ銀河、さらに遠くには銀河が集まっている場所があるそうです。

星を見上げて、誰かも同じ星を見ていると思うと、同じ銀河に生きている仲間だと思える・・・。

みんながそんな優しい気持ちになれたらいいですねconfident

2019091616540000

2019年9月14日 (土)

西口プラネ 銀河

こんばんは 千夜人です。

今夜も月がきれいです。今年1番小さい満月は、なんて呼ぶのでしたっけ?

 

昨夜は中秋の名月でした。

秋は月の季節ですけれど、もちろん星も光っています。

秋の番組が始まりましたので、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組、星空の時間。この秋のトピックスは「銀河」だそうですtyphoon

トップバッターは長谷川分館長の回となりました。

前半は、今夜の星空さんぽ。まずは、方角や景色、季節によって変化する太陽の通り道などの説明から日の入りです。

月や惑星など見え方が変わっていく星をおさえてから、まだよく見えている夏の星座をめぐっていきます。

夜空をぐるっと取り巻く天の川から、後半のトピックへとつながっていきます。

天の川の正体は、星がたくさん集まった銀河系です。地球を飛び出して、銀河の構造を探ります。

さらに銀河系を離れると、お隣のアンドロメダ銀河、さらに遠くの無数の銀河の連なりが見えてきます。

壮大で深遠な宇宙のお話を、ベテラン解説者の語りでどっぷり堪能するのも、秋らしくていいですねぇ・・・?wink

2019091616490000  

2019091418550000 お夕飯も秋メニューに替わってきました。

2019年9月 2日 (月)

西口プラネ ムーミン

こんばんは 千夜人です。

クールシェア・・・自分にはすでに寒いかも・・・。

 

福井市自然史博物館分館のドームシアターで、秋の番組が始まりましたのでさっそく行ってきましたheart04

お子さまから大人の方までご家族で楽しめる子どもの時間で、「ムーミン谷のオーロラ」の投影が始まりました。

前半は、今夜福井から見ることができる星空から、はくちょう座を見つけます。

なんでも、ハクチョウがムーミン谷への道案内だそうで・・・でも、本編ではハクチョウ、出てきませんからーbomb

もしかすると、担当のスタッフさんによって前半の内容は変わるかも知れません。

後半は、フルアニメーション版として帰ってきた「ムーミン谷のオーロラ」です。

ムーミン初のプラネタリウム番組として2000年に制作、全国で投影されてきた映像が昨年リニューアルしたそうです。

長い冬眠から目を覚ましたムーミンたちですが、谷はまだ雪の中でした。

ママだけが目覚めないのと谷に春が来ないのを、魔物のモランのせいだと考えたムーミンたちは、

おさびし山へモランを探しに出かけます。

冒険を通して、ムーミンと仲間たちは、本当に大切なものは何かを考えます。

谷に春が来る鍵となるオーロラの映像がとてもきれいでした。

背景となる星空の星座の配置が気になりましたけれど、ムーミン谷は架空の場所だから問題はありませんね。

あと、ラストのシーンが・・・。気になってしまうのは考えすぎでしょうか。

来場記念としてお花の種をいただきました。みんなで春の種をまこう!bud

2019090223380000

2019年8月12日 (月)

西口プラネ 木星5

こんばんは 千夜人です。

福井駅周辺は恐竜だらけです。はぴりゅうも絶滅せずに生き残っています。

2019081214010000  

昨日はお墓参りでしたので連チャンにはならないのですけれど。

今日も福井市自然史博物館分館のドームシアターへ涼みに行ってきましたcoldsweats01

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」、今回の担当は見張さんでした。

見張さんは、星を見るためのオススメスポットやイベント情報など、星を見にいきたくなる話題がいっぱいですheart04

前半は、今夜の星空さんぽ。福井から見ることができる星や星座を探します。

今夜1番目立つ月と、すぐそばに光っている土星、同じ惑星の木星など、まずは明るく目立つものから。

空が暗い場所へと出かけ、満天の星で夏の大三角や天の川をたどります。

後半は、今年の夏、見頃を迎えている木星の正体に迫ります。

クイズや動画を交えながら、木星の大きさや、特徴である縞模様についての最新情報を紹介されていました。

最後に、今夜活動がピークを迎えるとみられるペルセウス座流星群についての話題もありました。

観たいけど、月夜だし、明日仕事だし。

ちょっとだけ眺めてから寝よっかな?

2019年8月11日 (日)

西口プラネ 音色と景色

こんばんは 千夜人です。

今日は山の日です。おひさまが燦燦と降り注ぐ中、お墓参りへ行ってきました。

2019081110180000  

・・・暑かったです。そして、どべーっと疲れましたdespair

さて。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

なかなかスケジュールが合わなかった音楽の時間星の音色と宇宙の景色」を、やっと観ることができました。

ドームの映像と星をテーマにした音楽を楽しむ音楽の時間。

今回は、7月にアポロ11号が月面に着陸して50年を迎えたことから、

人類と宇宙探査、天文学の発展で新たに見えてきた宇宙の姿を音楽と共に楽しむ番組となっています。

まずは、ここ福井から眺める宇宙=星空の世界。夏の星座をめぐったら、次はアポロ11号と共に月へ。

さらにボイジャーと共に、惑星の世界、太陽系の果てへと旅を続けます。

ハッブル宇宙望遠鏡は、もっと遠くの宇宙の姿を見せてくれました。夜空に散りばめられた、宝石のような天体たち。

涼しいお部屋で、壮大で美しい宇宙を感じながら、ゆったりとした時間を過ごせましたconfident

ボイジャーの旅を辿る映像では、近づいてくる木星や土星に目が行きがちですが、

個人的には、視界の隅で太陽の周りをせっせとまわっている内惑星たちが健気でかわいかったですlovely

2019080919380000 ♪星空のカノン(清田愛未)

♪FLY ME TO THE MOON(Claire)

♪組曲「惑星」より木星(Gustav Holst)

♪望遠鏡の外の景色(椎名林檎)

♪Spica(BUMP OF CHICKEN)

♪星めぐりの歌(坂本美雨 With CANTUS)

 

2019081119100000