第2惑星・プラネタリウム Feed

2017年11月 3日 (金)

六呂師 29年度秋番組午後

こんばんは 千夜人です。

山がおいでおいでしてる・・・。

2017110313150001  

天気予報がいい方へ変わって、秋晴れの一日となりました。

海に行くのは寂しい人、山へ行くのは疲れている人、らしいのですが、

ガッツリ登るとこれ以上に疲れてしまいますので、気楽にドライビング&ハイキングに出かけましたcarnotes

急な好転に準備ができなかったというのもありますけれどsweat02

久しぶりに福井県自然保護センターに寄ってきましたheart04。春ぶりですが、しっかり覚えられているというsweat01

プラネタリウムでまだ見たことの無い物語「宇宙を広げた男 ウィリアム・ハーシェル」を上映していましたので、観てきました。

前半の星座解説は、秋の大四辺形をたよりに秋の星座を探します。

まず、ペガスス座、アンドロメダ座。近くにペルセウス座、カシオペヤ座、くじら座。みずがめ座やうお座など、けっこうたくさん紹介していました。

大野の星空の美しさもアピールしていました。

後半の星座物語は、珍しくギリシャ神話でなくて天文学者を紹介するお話でした。

いま見頃を迎え、週末観望会で見せてもらえる天王星を発見した、イギリスの天文学者ハーシェルについてのお話です。

もとは音楽家だったけれど、天文学に興味を持ち、巨大な望遠鏡をつくったというエピソードなどが盛り込まれていました。

絵本のようなスライドショーで、昭和! な感じでした。それがまた小規模館に似合っていて微笑ましいのですsmile

まだしばらく紅葉は楽しめそうですし、六呂師高原にお出かけの際はぜひお立ち寄りくださいませーwink

2017110313220000

2017年10月25日 (水)

西口プラネ 変光星5

こんばんは 千夜人です。

福井に新しいキャラクターが仲間入りしました(写真左)。ふくいたべまるちゃん、というらしいです。

2017102210550000  

お祝いに駆けつけたのが(写真右)、朝倉ゆめまる。名前が似ているので、司会者も噛んでいましたcoldsweats01

先日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組星空の時間は、「変光星─ミラ、ミラレル?─」と題して、

明るさが変わる不思議な星・変光星を特集しています。

この日の担当は山口さん。丁寧で親しみやすい解説です←あくまでも個人的な感想です。

スタートの時間がずいぶんと早くなりました。16時くらいにしておかないと、太陽が紹介できないのですね。

夜になり、街中でも探せる夏の大三角を見つけたら、空が暗いところへ移動して星座の形をたどります。

続いて、秋の大四辺形を見つけ、4つの星を目印にして秋の星座を探します。

後半は、前半で見つけた秋の星座の中に隠れている変光星の話題です。

くじら座にある変光星のひとつ、ミラはいま見られるのか。答えは、ミラレナイcoldsweats01

途中、いい感じで記憶が飛んでしまったのですけれど、何故だろう、負けた気がしますsweat02

2017年10月 9日 (月)

雰囲気だけ

こんばんは 千夜人です。

とりあえず、なんとか写りました。

2017100911230000  

自衛隊市中パレードだけでなく、猫まつりやワインまつり? などで、福井駅周辺が賑わっていました。

で。

ついでといいますかせっかくなので、福井市自然史博物館分館のドームシアターにも寄ってみましたsmile

スタッフさんによる生解説の番組、星空の時間変光星─ミラ、ミラレル?」を観てきましたheart04

イベントのついででしょうか、意外と(失礼!)お客さまがたくさん入っていました。

宵空に残っている夏の星座たち、少し夜が更けて秋の星座たち。

パレード中は陽射しが強くて暑かったので、のんびりとクールダウンしながら眺めていました。

トピックの変光星。時間を進めて明るさが変わる星を探してみましょう。

場所が判っちゃっていますけど、ざわついている空気がほほえましいですねぇ。

さて、エンディング。東から西へと移動していく星々を眺めながら、夜明けを待ちます。

実は今夜、夜半過ぎ。おうし座の1等星アルデバランが月に隠されるという天文現象、星食が起こります。

地球と月の位置関係で、日本で見られるのは福島~石川よりも北の地方との予報。

なのになのに。

ドームシアターの月が大きめに表現されているので、隠されないはずの福井の夜空でアルデバランが隠れてしまいましたcoldsweats01

これはちょっと得した気分? なのかな?

2017年10月 2日 (月)

西口プラネ 変光星4

こんばんは 千夜人です。

クールビズが終わり、職場の「色」が替わりました。今日は風も冷たいですし、上着があってよかったです。

 

先日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組星空の時間は、「変光星─ミラ、ミラレル?─」ということで、明るさが変わる不思議な星を特集しています。

この日の担当は鈴木さん。流暢な語りで落ち着いて聴いていられます←何故か上から目線sweat02

前半は、今夜福井から見られる星空で星座を探します。

鈴木さんの投影では、星座絵を出したり消したりして、星並びに残像を重ね合わせて星座のかたちをイメージさせています。

ホンモノの星空でもできたら、すっごい便利なんですけどねーsmile

後半は、秋の星座に隠れているふたつのタイプの変光星の謎に迫ります。

ひとつは悪魔の首を意味するアルゴル。ふたつの星が回りあって、明るさが変化するように見えるそうです。

もうひとつは不思議なものを意味するミラ。星自体が膨らんだり縮んだりして明るさが変わるそうです。

月や惑星以外にも、日々変化しているものってあるんですねー。

2017091715390000

2017年10月 1日 (日)

西口プラネ 変光星3

こんばんは 千夜人です。

今日は地区の敬老会がありました。晴れていたのでとても賑やかでした。おひさまも黒点があるので、賑やか?

2017100110430000  

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

生解説の星空の時間は、9月から新しい番組「変光星─ミラ、ミラレル─」が上映されています。

この日の担当は大村さん。話すスピードが自分に合っているのでしょうか、とても聴きやすいです。

前半の星空さんぽでは、まずは街中でも見つけられる明るい星を探します。

それから満天の星が見えるところへ行って、先程見つけた明るい星をたよりに星座を探します。

いまはまだ、夏の星座も残っているので、たくさんの星座が見つけられたような気がします。

後半のトピックは、ミラ、ミラレル? というテーマで、ミラという名前の星が見られるのか、に迫りますcoldsweats01

ミラという名前は不思議な星という意味からきていて、昔から明るさが変わる不思議な星として知られていたそうです。

どうして明るさが変わるのか、今の時期ミラは見られるのか、そんなお話でした。

今夜晴れていたら空を見上げたくなる、ちょっと星のたくさん見える場所へ行きたくなる、そんな番組でした。

2017100119100000

2017年9月30日 (土)

西口プラネ 変光星2

こんばんは 千夜人です。

今夜は久しぶりの、中華で女子会! 気持ちもお腹もフル充電。

2017093018440000  

午前中は派遣元の研修に出席し、帰りに福井市自然史博物館分館のドームシアターへ寄ってきました。

スタッフさんの生解説、星空の時間変光星─ミラ、ミラレル?─」を観てきましたheart04

今日の担当は牧山さん。ほわーっとしたおとなしい感じの語りなので、こちらもほわーっとしてきます←あくまでも個人的な感想です。

前半は今夜福井から見ることができる星空の解説、後半は明るさが変わる不思議な星についてのお話です。

ほわーっと聞いていたからでしょうか、急いでお昼を食べたからでしょうか、迂闊にもときどき記憶が飛んでしまいましたsweat02

前半の星空さんぽでは、夏の大三角と秋の大四辺形を目印にして、夏と秋の星座を見つけます。

後半のトピックでは、明るさが変わる原因が5種類ほどある変光星の中から、秋の星座に含まれる2種類を探します。

時間を進めて明るさを変えている星を探すのは、難し・・・って、まあ、だいたいの見当はつきますがsmile

星の光はずっと変わらないと思っている方は、ぜひともこの不思議な星たちを探してみてください。

プラネでは、時間を早回しすることができますので、何日も待っていなくても、

明るさを変える星たちが、ひゅっと消えたり、じわーっと見てきたりするのを見ることができます。

次回は・・・負けませんよ。

2017年9月29日 (金)

西口プラネ 変光星1

こんばんは 千夜人です。

明日、愛媛国体が開幕します。そして、福井国体・障スポまであと1年です!

2017092919410000  

お仕事帰りに、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきました。

スタッフさんによる生解説の番組「変光星─ミラ、ミラレル?─」を観てきましたheart04

今日の担当は見張さん。アトラクションのガイドさんのような語りで、なんだかどきどきわくわくしてきます←あくまでも個人的な感想です。

前半は、今夜の星空さんぽ。まずは、街中でも目に止まる明るく目立つ星を探します。

いまの季節は、夏の大三角が頭の真上に見え、少し夜が更けると秋の大四辺形が目印になります。

明るい星の場所を覚えたところで、空が暗いところへ移動。星を繋いで星座を形づくります。

夏の大三角は、はくちょう座やわし座、こと座の星でできていました。わし座は、秋のみずがめ座ともつながりがあります。

秋の大四辺形からは、ペガスス座やアンドロメダ座、くじら座やペルセウス座が見つかりました。

後半は、秋のトピック、明るさが変わる星のお話ですshine

秋の星空には、タイプの異なる2種類の明るさが変わる星、変光星があります。

食変光星のアルゴル、脈動変光星のミラ。どうして明るさが変わるのか、解りやすく動画で説明してくださいます。

そういえば以前、自分も同じようなものをパワポでつくりましたbleah

ひんやりとした秋の夜風が懐かしさを呼び起こすのか、ちょっとしみじみしてしまいました。

2017年9月14日 (木)

西口プラネ 10億個

こんばんは 千夜人です。

今日はチラシ折りもスタンプ押しもありませんでしたが、使用済みコピー紙の山と格闘していました。

 

先日、福井市自然史博物館分館のドームシアターで「天文の時間」の番組、

ビリオンサン 星空3次元マップをつくれ」を観てきましたheart04

10億個の太陽・・・天の川銀河の(比較的近い位置の)星の位置を調べて、詳しい星の地図をつくろうというお話です。

前半は、星の距離はどうやって測るのか、スタッフさんによる解説があります。

人は、右目と左目の見え方で物までの距離を認識していますeye

それでは、人の目では距離が感じ取れないくらい遠くにある星に対して、右目と左目になるものはなんでしょうか?

壮大な計画がなんとなく解ってきたところで、後半は、欧州宇宙機関ESAが2013年に制作した番組の日本語版の上映です。

天の川銀河を、昔の人はどのように見ていたのか、現代ではどこまで解っているのか、

星の地図をつくることでどんなことがわかるのか・・・。

銀河系の中を飛ぶような迫力のある映像や、きれいな天体の映像が、とてもよかったです。

スタッフさんによると、難しそうな番組なのに意外とリピーターが多いとのことでした。

んー、おじさまが好きそうな番組かなぁ。登場人物もおじさまっぽいしsmile

2017082715370000

2017年8月28日 (月)

寒がりですが

こんばんは 千夜人です。

アメリカの南部でも大雨の被害が出ているようです。もうちょっと平均的になりませんでしょうか。

 

今日は七十二候の天地始粛てんち はじめてさむし)です。

ようやく暑さがしずまり、朝晩の気温が下がってくるころとされています。

でもね、やっぱりまだ暑いです。

暑さ寒さもなんとやら、と申しますので、現実では次のお墓参りくらいまで落ち着きそうにありません。

それから、今日は伝統的七夕ですが、あいにくと雲が多いです。

2017年8月20日 (日)

西口プラネ 探検

こんばんは 千夜人です。

今日もにわか雨が来るかと身構えていたのですけれど、午後から次第に晴れてきました。

2017082013180000  

明日も残暑が厳しそうです。

福井市自然史博物館分館へ避暑に行ってきました。

ドームシアターで特別番組「宇宙へレッツゴー!」の投影があるというので、観てきましたheart04

この番組は、さまざまな映像を使って宇宙旅行をしているような気分を味わえます。

宇宙旅行への案内は、元気はつらつの見張さんです。

前半はまず、2011年に福岡県青少年科学館が企画した「ワク・ドキ!探検☆大宇宙 アインシュタインとめぐる銀河系の旅」という番組で、

宇宙にはどのような天体があるのか、宇宙の始まりや果てについてどのように考えられているのかを学びます。

後半は、太陽系の惑星や銀河系など12の天体から、観客が行ってみたい星に近づいて解説します。

月や太陽、海王星や銀河系などが選ばれていました。

興味がある天体を大写しにしてもらえるなんて、なかなかおもしろいです。

後半、BGMがずーっと同じ曲だったのがちょっと辛かったかなsweat02

2017082019210000