第2惑星・プラネタリウム Feed

2019年7月13日 (土)

西口プラネ 恐竜絵師

こんばんは 千夜人です。

今日は七十二候の蓮始開(はす はじめてひらく)です。

 

今日から福井市自然史博物館分館で始まりました、映像の時間「ダイナソーアート ~恐竜絵師が描く復元画の世界~」を観てきました。

前半は、今夜福井から見ることができる星空の解説です。

南の空で明るく輝いている木星と土星から、夏の大三角の星座など、明るい星を目印にして惑星や星座を探します。

今回の担当は石井さん。癒し系の解説で、ゆったりした時間が流れます。

と、巨大隕石出現sign02

後半は、館オリジナルの8K映像ダイナソーアートの上映ですheart04

6600万年前に絶滅して今では誰も見たことがない恐竜の姿を、誰もがイメージできるのは復元画があるからです。

空想とは違う、復元画がどのように描かれるのかを紹介する番組でした。

時代によって復元画に反映される情報が変化し、それに伴い描かれる恐竜の姿も変化していく様子が解りました。

復元画の世界を旅する? フクイラプトルがよちよち歩いている姿もかわいかったです。

県内で発掘された恐竜の復元画や、発掘現場の空撮など、国内屈指の発掘量を誇る福井を紹介する内容にもなっています。

ただ、恐竜絵師(アーティスト)本人の登場はないみたいです。

2019071315580000 

2019071319030001 今日の夕飯は草食系。若干の肉も使用。

2019年6月 4日 (火)

西口プラネ 木星2

こんばんは 千夜人です。

派遣先の変更はありませんでしたが、異動のお片付けがまだまだ残っています。そして今日もご挨拶ご挨拶ご挨拶・・・。

2019060411250001  

もうすぐ年パスの期限が迫っていますので、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたsweat01

スタッフさんによる生解説の「星空の時間」、今回の担当は山口さんでした。

前半は、今夜福井から見ることができる星空のお話です。

6月になりましたが、星空の世界はまだ春の星座が主役です。北斗七星を目印に、春の大曲線から春の大三角、

三角にもうひとつ星をプラスして春のダイヤモンドから星座を探していきます。

ダイヤモンドといえば結婚指輪。6月はまた、ジューンブライドの季節でもあります。

後半は、ジューンブライドにも関係する木星のお話です。

木星探査機ジュノーは、ローマ神話の神ジュピターのお后で結婚の女神から名前がつけられました。

2011年8月に打ち上げられた探査機ジュノーは、現在もジュピターの惑星・木星のそばで観測を続けています。

地球からははっきり見ることができない木星の北極の大気の様子など、興味深い映像を送ってくれているそうです。

木星を見たら、ジュノーもあそこにいるんだなーと思い出しますね。

2019年6月 3日 (月)

西口プラネ 木星

こんばんは 千夜人です。

月初めの月曜日の職員さんの異動後初日でした。あーもー、ばったばたで申し訳ございませんーっ。

 

普段から月曜日はすることが多いのですけれど、今日はそれらに加えてご挨拶とかご挨拶とかご挨拶とか・・・。

そういう日なので、仕方がありません。

さてと。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の「星空の時間」は、前半は今夜福井で見ることができる星空さんぽ

後半は季節ごとに変わるトピックの2本立てになっています。

この日の担当は石井さん。落ち着いた雰囲気で、癒し系の解説をされます。

先月すでに30℃超えの日もありましたけれど、星空はまだ春の星座が見やすくなっています。

北斗七星から春の大曲線を使って、春の代表的な星座をみつけていきます。

後半のトピックは、6月から木星に替わりました。

夜も更けてきますと、南の空にひときわ明るく輝く星が昇ってきます。

太陽系の惑星のひとつ木星ですshine

木星は望遠鏡で見ると茶色のしましま模様が見えます。

木星に接近した探査機からの画像によりますと、しましま模様は波打っていたり渦を巻いていたり、

とても複雑な大気の流れだったそうです。

近くで見て初めて分かった木星の姿。これからも探査機からの活躍に期待したいですね。

2019060115410000

2019年6月 2日 (日)

出張プラネ体験

こんばんは 千夜人です。

夕方になって少し雲が薄くなってきました。6月最初の日曜日のおひさまです。

2019060216250000  

今日は、宇宙技術および科学の国際シンポジウム(ISTS)福井大会開催記念、出張プラネタリウム体験会に参加してきましたheart04

出張プラネといいますと、ヒゲキタさんのゴミ袋ドーム(失礼!)のイメージが強いのですけれど、

こちらはテント生地でしょうか丈夫な布製で、ミシンでしっかりと縫い合わされていました。

扇風機で膨らませるエアドーム方式という点では一緒です。

投影は、パソコンから魚眼レンズを装着したプロジェクターで映しているようでした。

6等星くらいでしょうか、かなり暗い星まで出していました。色の違いもはっきり判るくらいです。

ドームの中心位置とプロジェクターの設置場所が合っていないので、位置から星像からかなり歪んでいましたけれどsweat02

あと、解説・・・お話? はもうちょっと練習したほうがいいと思います。

無料だからしょうがないか。

2019060211310000 なかなか立派なつくりです。

 

2019060218550001

2019年5月31日 (金)

残念

こんばんは 千夜人です。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきました。

 

今シーズンの星空の時間ですが、スタッフさん全員はコンプリートできませんでした。

6月からトピックが替わります。次は何かな?

2019053119440000

2019年5月19日 (日)

西口プラネ 分館長第三夜

こんばんは 千夜人です。

いいお天気ですが、風がきつかったです。段ボールが飛ばされそうになりながらのおひさまです。

2019051907010000  

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

プラネタリウム解説歴25年を越える長谷川分館長による星空の時間特別版分館長の星空散歩」を観てきました。

スタッフさんによる生解説の星空の時間は通常、男性陣は落ち着いた雰囲気で、女子の皆さんは元気いっぱい。

ですが、さすがに大ベテランの分館長の解説となると、昼食後の時間帯ともあって、眠気との戦いになりますcoldsweats01

今回は、冬と比べて1等星が少ない春の星座を中心に、見えにくい? 星のお話でした。

来月に迫った夏至の話題から、季節ごとに変化する太陽の高度や暑さ寒さについて。

銀河系の構造から、春や秋には遠くの宇宙が見えるということに触れていました。

2019051814080000

2019年5月 6日 (月)

西口プラネ ゆめまるGW

こんばんは 千夜人です。

今日は、二十四節気では立夏、七十二候では蛙始鳴(かわず はじめてなく)にあたります。

 

今日はアルバイトがなく、明日からの本業? に備えて急速充電をしておりました。

というわけで、福井市自然史博物館分館のドームシアターで、ゆるゆるな番組を観てきましたsweat02

開館3周年を記念したイベント週間での、子どもの時間朝倉ゆめまるの星空だいぼうけん─GWの巻─」ですheart04

福井市の一乗谷朝倉氏遺跡の妖精? 朝倉ゆめまると一緒に星を見に行く設定なのですけれど、

ゆめまるはしゃべれないので、今回は案内役の鈴木さんが頼りですcoldsweats01

まずは、星空の中からゴールドな星を探します←GWに引っ掛けているらしい。

ゴールドな星があるのは何座なのか、教えてもらいます。

ゆめまるが、空飛ぶゴールドなヒツジ、おひつじ座に乗って、とても明るい金色の星の正体を探りに出かけます。

ゴールデンウィークにちなんで、金色に見える星をテーマにした構成となっていました。

これで充電もばっちり・・・か、なぁ?

2019年4月28日 (日)

西口プラネ おさんぽ

こんばんは 千夜人です。

平成最後の日曜日のおひさまは、うっすらと雲のベールをかぶっていました。

2019042809440001  

今日で開館3周年を迎えた福井市自然史博物館分館へ行ってきましたbirthday

久しぶりに、開館記念映画星々の約束」を観てきました。

あいかわらずソースカツ丼のアップが強烈過ぎて・・・sweat02

それから、開館記念イベントの番組で、展示室のチケットがあれば自由に観られる観光ショートムービー

ドームでおさんぽ気分」も観てきましたheart04

スタッフさんが全天周カメラで撮影した風景をドームに投影して、まるでその場をお散歩しているかのような気分を楽しむ時間です。

足羽川の堤防の桜並木を歩いたり、一乗谷朝倉氏遺跡で星空を眺めたり。

福井の名所や名物を訪ねたり。

福井を訪れた人はもちろん、住んでいる人も、自然の豊かさやのどかな風景をゆったりと味わえるのではないでしょうか。

ただし、良いカメラを使用しているだけに、かえって手ブレや継ぎ目が気になってしまうので←自分だけかも、

それこそ実際に風景を眺めるかのように観るのがよろしいかと思います。

この場所に行ってみたいなぁ、と思うところが見つかるといいですねwink

2019042819270000

2019年4月27日 (土)

西口プラネ 記念日

こんばんは 千夜人です。

今日は一日中、「寒い」という言葉以外出てきませんでした。

 

ハナシ盛りましたbleah

でも、ホントに寒かったです。まだすっかり真冬の格好です。

そういうわけで、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ暖をとりに行ってきました。

開館3周年を迎え、開館記念イベントユニバースdayを開催中のこちらでは、

期間中、ワークショップやサイエンスショーなども企画されているそうです。

今日は、「星空の時間記念日の星空に参加してきましたheart04

スタッフさんによる生解説の星空の時間が、今回は、お客さんのリクエストした日の星空の解説をするという体当たり企画ですcoldsweats01

前半は、通常通り、今夜福井から見ることができる星空の解説です。

北斗七星から春の大曲線を使い、春の星座をめぐります。

後半は、お客さんが入場するときにリクエストした年月日の星空を投影し、その中から気になる星座や天体を解説していきます。

解説員さんともなりますと、お客さんが気になりそうな天体などは予想がつくのかもしれませんけれど、

ネタの量を試されるようなハラハラドキドキの時間だったのではないでしょうか。

え? 自分? もちろん素直で良い子なお客さんでしたよ?

担当の見張さん、お疲れさまでしたhappy01

2019042721330000

2019年4月21日 (日)

西口プラネ 北極星4

こんばんは 千夜人です。

今日はたまご料理の日です←ちょっと違う。

2019042119470000 

昨日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の星空の時間今夜の星空さんぽ」を観てきました。

今回の担当は亀谷さん。解説歴12年のベテランさんです。

前半は、今夜福井から見える星座の探し方です。

西の空には、街中でも見える1等星が7つも光っています。それらを結んでできる冬のダイヤモンドは、そろそろ見納めです。

満天の星が見えるところへ移動したら、東や北の空の春の星座を探します。

後半は、季節ごとに変わるトピック。春は北極星についてです。

見る場所によって北極星の高さが変わったり、時代によって北極星になる星が変わるというお話でした。

BGMは日の入りや満天、エンディングといった場面転換くらいで、あとはずっと語りです。

でも、ずっと聞いていられますhappy01

ちょこちょこ入ってくる小ネタもおもしろかったですsmile