第2惑星・プラネタリウム Feed

2018年2月12日 (月)

西口プラネ 暗黒

こんばんは 千夜人です。

明日、身体動くかなぁ・・・。

 

のかしてものかしても降ってきますsnow

無理して身体を壊さないように、事故にも気をつけて、みんなで助け合いましょう。

今月初め、まだ雪が酷くない日に、福井市自然史博物館分館のドームシアターで新しい番組を観てきました。

アメリカの自然史博物館ヘイデンプラネタリウム製作の「見えない宇宙を探る ダークユニバース」の日本語版ですheart04

理論物理学者の佐治晴夫先生が案内人となり、見えないけれども宇宙の9割を占めているダークマターやダークエネルギーについて紹介する番組です。

宇宙の始まりから今まで続いている宇宙の膨張や、星と星、銀河と銀河を結び付けている力を、

壮大な映像で「見える形」にしています。

また佐治先生は、ひとつの点から始まって膨張し続ける宇宙の中心は「ここ」であり、

宇宙のことを考える私たち自身が宇宙の中心であると語りかけています。

白魔との戦いがひと段落着いたら、もう一度観にいきたいですconfident

2018年1月19日 (金)

西口プラネ パラドックス

こんばんは 千夜人です。

ネットが落ちている間に、最高77cmまで積もった雪がずいぶんと融けました。さすがに積み上げたところは残っていますけれど。

 

というわけで。

【1月16日分】

先日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきました。

映像の時間の新番組「470億光年の,その先へ ─宇宙のはてをさがす旅─」を観てきましたheart04

2016年に制作された、佐治晴夫先生監修、島根県立三瓶自然館サヒメル企画の番組です。

宇宙には星がたくさんあるのに夜空はどうして暗いのかという謎を解き明かそうとする、

「オルバースのパラドックス」について紹介する内容になっています。

パッヘルベルのカノンnotesが流れる中、手描き風な旅人とともに、宇宙のはてを探しにいきます。

佐治先生らしく、なんとなく宗教や思想を感じるような雰囲気の番組でした。

最新デジタル映像なのに手描き風のぐるぐる銀河という組み合わせも、微笑ましいです。

12月まで投影されていた「9次元からきた男」とは対極の番組だなぁと思いました。

9次元を観られた方も、そうでない方も、難しく考えずにご覧になってみてはいかがでしょうかwink

2018010519370000

2018年1月 9日 (火)

西口プラネ サンゴ

こんばんは 千夜人です。

ただでさえ動きにくい職場なのですが、今日はいつも以上に動きません。ほやかて寒いんやもん。

 

やはり休み明けは暖まり方が弱いのでしょうか。冷え固まったように動きませんでした。

完全に運動不足ですbomb

さて、福井市自然史博物館分館のドームシアターに行ってきましたheart04

今回は、全天周映画いのち輝くサンゴの海」を観てきました。

この作品は、超高画質4Kカメラで沖縄の海を撮影した2013年制作のネイチャードキュメンタリー作品です。

沖縄出身の知花くららさんが、南の海に似合うゆったりとしたナレーションをされています。

冬の日本海にはいなさそうなcoldsweats01色とりどりのお魚たち、いろいろな形のサンゴ礁。

なにより、海の色が全然違います。あったかいんだろうなぁ・・・。

共生や食物連鎖、生きものの関わりあいや、潮の満ち干きやサンゴの産卵に影響を与える月や太陽の地球との関係。

小さな視点と大きな視点とで海の世界に迫ります。某NHKの自然番組っぽい感じでした。

疲れていたのでしょうか、映像にちょっと酔ってしまいました。

2018010519380000

2018年1月 6日 (土)

西口プラネ 色3

こんばんは 千夜人です。

恒例の初詣でーと? でねこも観てきました。・・・戌年ですが。

2018010615440000 

JR福井駅まわりには、ねこまつりなるのぼりが多数立てられていました。・・・戌年ですが。

年明け1回目のプラネは、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたnotes

番組はスタッフさんによる生解説の「星空の時間」です。季節ごとに替わるトピックは「星の色」についてです。

この回の担当は大村さん。日本語が少しわかる外国人のお客様がいらっしゃったので、少しゆっくりめの語りでした。

冬至を過ぎ、次の小寒になったとはいえ、まだまだ日の入りは早いこの時期。オープニングが15時30分の設定です。

日が沈むと、東の空には早々に1等星たちが輝き始めます。

前半は、1等星を目印にして星座を探す星空さんぽ。後半は、1等星の色の違いに注目します。

オリオン座の三ツ星は、お国では兄弟と呼んでいるそうです。国や文化が違っても、3個セットは同じなのですね。

戌年にちなんで、おおいぬ座やこいぬ座の紹介もありました。

けっこうイジラれてましたねsmile。まぁ、そこが生解説のおもしろいところです。

ゆったりめの解説をのほほーんと聞いておりましたら、とてもリラックスした気分になれましたconfident

2018010619250000 カレーにしようと思ったらお昼に出てしまいましたので、夜はハンバーグにしましたdelicious

2017年12月25日 (月)

西口プラネ こまねこ

こんばんは 千夜人です。

クリスマス寒波とか爆弾低気圧とか、そんなもの要らない・・・。

 

そもそもホワイトクリスマスにも興味無し←寒がり。

ですが、せっかくなのでクリスマス番組は見にいくsmile

福井市自然史博物館分館のドームシアターで「こまねこのクリスマス─迷子になったプレゼント─」を観てきましたheart04

こまねこは、こま撮りをした猫の人形アニメーション作品で、タイトルもこま撮りをしたねこからだそうです。

まずは、サンタクロースについてのお話から。

フィンランドにはサンタクロースの名前がついた村があるそうです。

フィンランドで見る星空やサンタクロースのモデルとなった人物の紹介などがあり、本編が始まります。

おじいと暮らすこまちゃんは、クリスマスにパパとママに会えるのを楽しみにしていましたが、

ふたりからちょっと早いプレゼントと手紙が届き、クリスマスには会えないことが分かります。

すっかり落ち込んでしまったこまちゃんを、発明少年のラジボーが何かを思いついて・・・といったお話です。

台詞が全編にわたってにゃにゃとかんんといった感じなので、ほのぼのとなるか、きーとなるかのどちらかかも。

大丈夫、自分はほのぼのとする余裕がまだございました。

かわいらしいこまちゃんの絆の物語で、ほっこりいたしましょうwink

2017122411400000

2017年12月24日 (日)

西口プラネ 紙芝居

めりくり! こんばんは 千夜人です。

午前中は晴れていたので撮れました。中央やや下寄りに黒点群が見えていたのですけれど、やはり写っていないような。

2017122410350000  

急いで洗濯物を干し、気休めに布団も風に当て、ちょこっと自転車でお出かけしてきました。

福井市自然史博物館分館で開催されています天文学者藤田良雄博士の特別展の関連イベント、

紙芝居まいごの小さい天使」を観てきましたheart04

桜木図書館の司書さんによる読み聞かせで、ほんわかした気分になりましたconfident

今日は午前中お天気がよかったからでしょうか、展示室はとても静かで、それがかえって雰囲気よく聞けたのかもしれません。

「まいごの小さい天使」は、藤田良雄博士が子どもたちのために手づくりした紙芝居で、

お姉さん天使たちとはぐれてしまったちっちゃい天使が出会う人たちに施しを行うお話です。

聖書やキリスト生誕を題材としていて、クリスマスに相応しいお話です。

絵はクレヨンで描かれているのでしょうか、隙間がないくらいみっちりと塗りこまれていて、

藤田博士の何事にもこつこつと取り組む性格がこのようなところにも表れているようです。

自分はクリスマスよりも冬至の方が気になるタイプですが、観られてよかったなぁと思います。

2017122412040000 でも、結局は食い気coldsweats01

2017122419080000 今年はチーズケーキをいただきましたdelicious

2017122420390000

2017年12月 9日 (土)

西口プラネ 色2

こんばんは 千夜人です。

しばらくお目にかかれない、と書いたけれど、早速お目にかかれてしまいました。

 

気圧の張り出しだったのでしょうか、どういうわけか昨夜から今朝にかけてよく晴れていました。

この時期の変わりやすいお天気で、一日中降ったり止んだりでした。

荷物にはなりますけれど、傘は手放せません。

福井市自然史博物館分館のドームシアターに行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」では、前半が星空さんぽ、

3ヶ月で入替となる後半のトピックは今シーズン「星の色」というプログラムになっています。

今日の担当は鈴木さん。星座絵を何度か点けたり消したりして、星並びのイメージを目に焼き付ける手法が、

とっても分かりやすいです。

西の空に残っている夏の大三角から、明るい星が少ない秋の星空、

東の空に昇ってきた冬の星座たちと、とてもたくさんの星座をめぐりました。

後半は、冬の星空を彩るたくさんの1等星を例に、星の色の違いに注目しますshine

青い星、白い星、黄色い星、オレンジ色の星、赤い星。いろいろ、まさにいろいろな色があります。

色の違いは、星の温度の違いだそうです。

イラストでよく描かれている黄色い星ばかりではないのですねcoldsweats01

たしかに、星が全部同じ色だったらつまらないかもしれません。うまいことできてますね。

2017120919190000 見た目の色はあまりよろしくありませんが、見た目ほど不味くはなくてよかった・・・な今夜のメンチカツ。

2017年12月 8日 (金)

西口プラネ 藤田良雄博士

こんばんは 千夜人です。

危ない危ない。また水没するところでした←風呂場。

 

福井市自然史博物館分館のドームシアターでは、生解説番組「星空の時間」のトピックが「星の色」に替わりました。

それにあわせて? 展示室では特別展福井を愛した星博士─天文学者・藤田良雄─」が開催されています。

藤田良雄博士は、福井市出身、東京帝国大学理学部天文学科卒業の天文学者で、

低温度星の分光学観測・・・色についての研究では世界的な権威でいらっしゃいます。

星の光=色を詳しく調べることで、その星がどんな成分なのかが判るそうです。

藤田博士の研究内容や功績、設置に尽力された岡山天体物理観測所、子どものころのエピソードなどが紹介されています。

新聞記者だったお父上の影響で、意外にも文学少年だったのですね・・・。

特別展と生解説番組、そして実際の星空とあわせてご覧になってはいかがでしょうwink

実際の星はしばらくお目にかかれそうにもありませんけれどsweat02

2017120314000000

2017年12月 6日 (水)

西口プラネ 色1

こんばんは 千夜人です。

手からすっかり血の気は引いていますが、大丈夫、まだ氷点下にはなっていないから・・・。

 

今日の福井の最低気温は、今シーズン初めての1℃台、1.6℃を記録したそうです。

かろうじて持ち堪えています。でも、時間の問題ですね。

さて、福井市自然時博物館分館のドームシアターでも冬の番組がはじまりましたheart04

スタッフさんによる生解説の番組「星空の時間」もトピックが新しくなりましたので、さっそく観にいきました。

前半は、福井から今夜見ることができる星空で、星座を探します。

明るい星が少ない西の空は、いまはまだ秋の星座が残っています。

秋の大四辺形からペガスス座、秋のただひとつの1等星みなみのうお座のフォーマルハウト、

ぽつんと目立つくじら座の2等星デネブカイトスを見つけます。

明るい星が多い東の空には冬の星座が昇ってきています。

たくさんの1等星をたどりながら、それぞれの星座をみつけます。

この日の担当は牧山さん。冬の訪れを教えてくれるぎょしゃ座のカペラがお気に入りだそうです。

後半は、「星の色」。冬の明るい星たちを使って、星の色の違いを見ていきます。

色の違いを見やすくするために、強調して投影してるのでしょうか。ベテルギウスが赤すぎて気持ち悪いですcoldsweats02

クリスマスイルミネーションもよろしいですが、きらきら輝く星たちはいかがでしょうか?wink

2017120314010000

2017年11月 3日 (金)

六呂師 29年度秋番組午後

こんばんは 千夜人です。

山がおいでおいでしてる・・・。

2017110313150001  

天気予報がいい方へ変わって、秋晴れの一日となりました。

海に行くのは寂しい人、山へ行くのは疲れている人、らしいのですが、

ガッツリ登るとこれ以上に疲れてしまいますので、気楽にドライビング&ハイキングに出かけましたcarnotes

急な好転に準備ができなかったというのもありますけれどsweat02

久しぶりに福井県自然保護センターに寄ってきましたheart04。春ぶりですが、しっかり覚えられているというsweat01

プラネタリウムでまだ見たことの無い物語「宇宙を広げた男 ウィリアム・ハーシェル」を上映していましたので、観てきました。

前半の星座解説は、秋の大四辺形をたよりに秋の星座を探します。

まず、ペガスス座、アンドロメダ座。近くにペルセウス座、カシオペヤ座、くじら座。みずがめ座やうお座など、けっこうたくさん紹介していました。

大野の星空の美しさもアピールしていました。

後半の星座物語は、珍しくギリシャ神話でなくて天文学者を紹介するお話でした。

いま見頃を迎え、週末観望会で見せてもらえる天王星を発見した、イギリスの天文学者ハーシェルについてのお話です。

もとは音楽家だったけれど、天文学に興味を持ち、巨大な望遠鏡をつくったというエピソードなどが盛り込まれていました。

絵本のようなスライドショーで、昭和! な感じでした。それがまた小規模館に似合っていて微笑ましいのですsmile

まだしばらく紅葉は楽しめそうですし、六呂師高原にお出かけの際はぜひお立ち寄りくださいませーwink

2017110313220000