第2惑星・プラネタリウム Feed

2017年6月17日 (土)

西口プラネ 土星1

こんばんは 千夜人です。

風は気持ちいいのですけれど、自転車が前に進めません。ちょっと複雑な気分です。

 

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ、生解説の番組を観にいってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の「星空の時間」では、前半は今夜見ることができる星空の解説と、

後半は先日衝になり、今まさに見頃を迎えている土星が取り上げられています。

今日の解説は新メンバー? の亀谷さん。他施設での経験者とあって、とても聞きやすい解説でした。

オープニングから、前半の星空解説、後半のトピックス、そしてエンディングへと、もうずーっとお話しっぱなし。

情報量が多いのですけれど、流れるような語り口で、なんですかこうすーっと入ってくる感じ。

解説も、BGMの使い方も、まさに王道タイプ。

もちろん全然存じ上げないのですけれど、さすがー、と思ってしまいました。

たぶん誰もが、夜になったら今日聞いた星を探してみようという気になります。

・・・ばっちり曇っていますがcoldsweats01

2017061714010000  

そして王道? の鯖味噌~delicious

2017061719160000

2017年6月12日 (月)

手づくりプラネ

こんばんは 千夜人です。

平年ですと、北陸地方は今日あたり梅雨入りなのですけれど。今朝の突然の雨くらいでは、発表はまだでしょうか。

 

昨日は、ユエさんとふくいきらめきフェスティバルへ行ってきましたheart04

マナー講座や寄せ植えなど、いろいろなワークショップや体験がありました。

「手づくりプラネタリウムがうみだす星の世界」で、ヒゲキタさんの出張プラネタリウムが来ていたので観てきました。

2017061110300000 さらに補修の痕が痛々しくなってきた、通称ゴミ袋、な手づくりエアドームsweat02。しぼまないよう扇風機がフル稼働しています。

中には、三脚に乗った、およそ6000個sign01の穴が穿たれた調理用アルミボールの恒星球。

いやもう手作り感全開ですcoldsweats01

星空のお話は、今夜見られる春の星座や、来月頃見られそうな七夕や夏の星座の紹介です。

こぢんまりとしたドームの中は、ヒゲキタさんとお客さんの距離が近く、妙な一体感がありました。

後半は、世界初? の3Dドーム映像。笑いすぎて腹筋が痛くなります。

ユエさんとふたりで、懐かしい部活の思い出などを話しながら楽しく観てきましたhappy01

最新式も迫力ある映像で見ごたえがありますが、手づくりプラネもいいですよ~。

2017年5月29日 (月)

西口プラネ 動物園

こんばんは 千夜人です。

寝不足やら疲れ眼やらで、まぶたのぴくぴくが止まりません。一度気になると、もうずーっときになります。

 

テープで固定してしまおうか・・・それではまばたきができないsweat02

福井市自然史博物館分館のドームシアターで、「子どもの時間」に上映されている番組、

はるちゃんとほしのどうぶつえん」を観てきましたheart04

こちらのプログラムは、前半が今夜見ることができる星座の紹介で、

後半に2015年に神戸市立青少年科学館が企画して製作された番組が上映されます。

まずは、今夜の一番星を探し、明るい星を目印にして星座を見つけます。

一番星がどれだったか、春の大三角を形づくる星はどれか、子どもたちに問いかけながら解説は進みます。

後半の番組は、季節ごとにお誕生日の星座や動物を描いた星座を辿りながら、1年をめぐります。

主人公の女の子の名前がはるちゃんなので春の星座だけかと思ったのですけれど、1年分やるんですね。

あと、神戸市立企画の番組にありがちなのですが、歌ったり掛け声を出したり、某ディズニー映画のノリ・・・?coldsweats01

団体の子どもさんたちは大いに盛り上がっていました。

これでお星さまに興味を持ってもらえると、未来は明るい・・・かな?

2017052714000000

2017年5月23日 (火)

西口プラネ リラクマ

こんばんは 千夜人です。

今日も福井は真夏日に迫る最高気温となりました。でも大丈夫。自分には適温です。

 

いい季節、のはずですが。

心もお肌もかっさかさ。でも、顔は日焼け止めでべったべた。

なんかぼへーとしたくて、福井市自然史博物館分館のドームシアターへヒーリング番組を観にいってきましたheart04

2015年五藤光学配給の「リラックマのプラネタリウム」にアロマをプラスしたプログラムです。

ヒーリング番組というと池袋を連想しますが、そちらとはちょっと違う趣きです。

お子さまご遠慮願います、ではありませんので騒がしいです。たまたま運が悪かっただけかもしれませんけれど。

アロマは、入口で香りのシートを受け取り、投影中は手元で楽しみます。もちろんお持ち帰りできます。

今回は金星をテーマにした回で、アロマはローズやゼラニウムを使用した女性的な香りでした。

金星がどのような星なのか、金星から夜空を見上げると地球とはどう違うのか、自分には興味深い映像もありましたhappy01

ただ、キャラクターが出てこないと子どもさんが騒がしい・・・sweat02

キャラクターは、人形を少しずつ動かして撮影したストップモーションアニメーションで表現されていました。

見ているほうはゆるいですが、撮っているほうは大変だったろうなぁ・・・。

内容はおもしろかったですが、自分にはキャラクターは要りませんでした。むしろ、無しにして静かに観たいです。

日によって違う惑星と香りとになるそうなので、また違った雰囲気で観てみたいです。

できることなら、静かに。

2017051319350000

2017年5月20日 (土)

西口プラネ 南十字5

こんばんは 千夜人です。

今日は真夏日になったので、ガッツリ焼肉ランチ・・・否、夕飯ですが。

2017052018530000  

福井市自然史博物館分館のプラネタリウムを観てきましたheart04

星空の時間」は、スタッフさんによる生解説です。

今回の担当は見張さん。春の番組はこれでコンプリートsign01、ですcoldsweats01

投影時間は約45分。前半は今夜の星空さんぽ、後半は外国や南の島で「みなみじゅうじ」を見ます。

星空さんぽはまず、お客さまに気になる星を指してもらって、その星を解説するところから始まりました。

昨日の夜見たあの星なんだろう、と気になっていた方には嬉しいですねwink

星座解説は、今が見頃の春の星座たちをご紹介。

北斗七星からおおぐま座、北極星。春の大曲線からうしかい座、おとめ座、からす座。春の大三角からしし座。

後半は、オーストラリアへ移動してみなみじゅうじを探します。

ニセ十字や天の南極、福井の星空で見つけた星座がどう見えるのか、なかなか盛りだくさんです。

最後に、八重山諸島の星空でみなみじゅうじを探します←ほんと、ギリギリですsweat02

見張さんは、実際に八重山諸島で星をご覧になったことがあるそうです。

羨ましいなぁ。

2017年5月 8日 (月)

西口プラネ 新制服

こんばんは 千夜人です。

今日からお仕事再開です。休み中に増量してしまったので、7階までの階段がキツイです。

 

土曜日、福井市自然史博物館分館の新ユニフォーム発表会を見にいってきましたheart04

デザインを手掛けられたタレントの篠原ともえさんも登場して、大いに盛り上がっていました。

篠原さんは、天文好きな女子「宙ガール」としても知られていて、

天文ファンはオジサンだけでないことを世の中に広めてくれた? 恩人でもあります。

テレビで見ると分からなかったのですが、意外と小柄な方なんですね。

ユニフォームは、今までは緑色をしたフットサルのゼッケンのような感じだったのですけれど、

半袖ポロシャツと、フード付き長袖タイプとの2種類で、ポケットがかわいいパンツのセットになっています。

篠原さんが手書きした星座のイラストがプリントされた生地が使われているそうです。

ポロシャツは、市販されていたら買ってもいいかな~?smile

でも、これより2日前に、新聞に写真付きで出てしまっているんですよね。

それっていいのかなぁsweat02

2017年5月 3日 (水)

六呂師 29年度春番組午前

こんばんは 千夜人です。

「連休の後半がスタート・・・」て、後半?

 

後半というよりもむしろ、普段の日曜日の感覚ですけれど・・・。

あ、水曜日でしたsweat01

先日、久しぶりに福井県自然保護センターへ行ってきましたcarsweat01

こちらのプラネタリウムでは、季節に合わせた物語をローテーションで上映しているのですけれど、

まだ見たことがないお話があったので、見に出かけました。

前半は春の星座探しです。春の星座は大きな星座が揃っていて、クイズを交えながらBIG3を探します。

後半は季節の星座物語で、「かんむり座の話」でしたheart04。けっこう通っているつもりですが、見たことがありませんでした。

クレタ島の地下迷宮には頭が牛の怪物ミノタウロスがいて、アテナからの人質を餌食としていました。

アテナのテセウス王子が、怪物ミノタウロスを退治するために人質に混じってクレタ島へ渡ります。

クレタ島の王女アリアドネがテセウス王子に一目惚れし、王子に剣と糸玉を渡しました。

テセウス王子は、糸玉の糸を垂らしながら迷宮へ入り、剣で怪物を倒し、糸を辿って無事に生還します。

テセウス王子はアリアドネを連れて島から脱出します。

ところが、女神のお告げでテセウス王子は、アリアドネを途中の島に置き去りにしてしまいます。

通りかかった酒の神ディオニュソスがアリアドネに冠を贈って求婚し、その冠がのちに星座になったのだそうです。

いかにも昭和の少女マンガな絵が、デジタルオート番組ばかりを見ていると懐かしい気分にさせてくれます。

ゆるーい感じで、自分は好きですね。

この日の担当は山岸先生。4月からの着任でがんばっておられます。

午後は違う物語「ぶたにばけた七つ星」が上映されます。

新緑が眩しい六呂師高原にお出かけの際は、こちらにもお立ち寄りくださいねwink

201704151053000000001

2017年5月 1日 (月)

西口プラネ 体験

こんばんは 千夜人です。

暦もお天気も季節の変わり目らしい一日でした。

 

そのおかげでしょうか、きれいな夕焼けと月でした。

カレンダーどおり明日もお仕事。がんばろう。

福井市自然史博物館分館のプラネタリウムで「コックピット体験」がありましたので参加してきましたheart04

前半は、星空さんぽでスタッフさんによる今夜の星座解説を。

まずは、今夜の1番明るい星木星と星座の星と、見た目がどう違うのか比べてみます。

北斗七星から北極星を探し、春の大曲線でうしかい座とおとめ座、春の大三角でしし座を見つけます。

後半の特別イベントで、普段は入れないコンソール(操作台)でプチ操作体験をしました。

操作体験とはいうものの(いろいろいじくって元に戻せなくなると大変なので)、

星座絵のボタンをひとつ選んで押して、ポインターで指してみて、マイクで星座名を読み上げる、というものでした。

・・・そっか、ボタンを押せば表示できるのね。

マニュアル機MS-10では、点灯させる星座絵を入れた投影機をダイヤルで切り替えてから、

調光で表示させていました←もちろん操作手順はいろいろありますが。

星座絵の投影機は固定式で、本機とは別なので時間を変えながらの表示はできませんでした。

設定した時間に合わせないと、星並びと星座絵が合わないことになります。

ねじ止めがしっかりできていなくて、あらぬ方向を向いていたこともありましたけれど・・・sweat01

けど、楽しかったなぁ・・・。

操作台にボタンがたくさん並んでいるので、飛行機のコックピットみたいだと言っている方がおられました。

自分の正直な感想は・・・すっげ楽そう。でも、その前の設定が難しいんでしょうねぇ。

また近々開催されるそうなので、興味がある方はぜひ参加してみてくださいwink

2017年4月29日 (土)

西口プラネ 北極星

こんばんは 千夜人です。

今日は昭和の日でした。でも、いつもの土曜日と変わりなく。

 

そろそろ福井市自然史博物館分館の年間パスポートの期限が迫ってきましたflair

どうだろ、更新・・・(現時点で館側からの案内等は無し)sweat02

まだ使えるうちに生解説「星空の時間」以外も見ておこうかと思い立ち、「ポラリス」というオート番組を観てきました。

題名が表しているように北極星をテーマにした、2015年にフランスで制作された番組です。

まず、オープニングで福井と北極との星座の見え方や星の動きの違いを再現してから、番組がスタートします。

北極のシロクマのレナードと南極から来たペンギンのジェームズが、

宇宙を冒険しながら地球の地軸の傾きや雪玉(氷)についての謎を解き明かしていくという内容です。

地軸の傾きと太陽の光の当たり方の解説は、とても分かりやすかったです。

ツッコミどころは満載ですが、それ以上にキャラクターデザインが生理的にダメでしたdown

激しく動く映像で目がまわるというのではなくて、キャラクターの見た目が気持ち悪い。

年パスでなかったら見てなかったかもsweat02。まあ、そういうこともあります。

2017042213440000 番組中やたらと冷凍ニシンが出てきましたが、夕飯は冷凍赤魚をパン粉焼きに。

2017042918570000

2017年4月23日 (日)

西口プラネ 南十字4

こんばんは 千夜人です。

いいお天気なのでよく見えていました。今日日曜日のおひさま。でも、気をつけないと顔にも黒点が・・・。

2017042309410000  

JR福井駅周辺が今日は大変混雑していました。

それを横目に、福井市自然史博物館分館のプラネタリウムを見にいく自分sweat02

あ、でもそっちを見てからこちらに来られていた家族連れもおられたようですね。

スタッフさんの生解説番組「星空の時間」。この回は大村さんが担当されていました。

オープニングから日の入り、前半の星空さんぽから後半のトピックまで、ずっと流れるような解説です。

星空さんぽは、惑星と星座を形づくる星との見た目の違いから、春の代表的な星座の探し方。

後半の南半球の星空に関連付けて、北極星を中心とした星の動きを光跡残しで再現したり。

情報量は多いのですけれど、ひとつひとつ分かりやすくお話してくださいます。

後半はみなみじゅうじを中心に、北半球と南半球の星空の見え方の違いを解説します。

聴きやすくて、科学番組を見ているような感じでした。

2017042319020000 今夜は、焼き魚定食っぽく。