第6惑星・暦 Feed

2018年8月13日 (月)

かなかな

こんばんは 千夜人です。

イベント盛り上げのお手伝いで汗だくだくです。お手伝いどころか、お邪魔虫だったかもしれませんけれど。

2018081419350000

 

今日は七十二候の寒蝉鳴ひぐらし なく)です。

セミの一種、ヒグラシが鳴き始めるころとされています。

福井での初鳴きは8月2日だったそうです。

あくまでも観測地での日なので、場所によっては早かったり遅かったりするかもしれません。

ヒグラシの声を聞くと、急に秋の気配を感じるような気がします。音が、雰囲気を醸しているからでしょうか。

2018年8月 6日 (月)

明日から

こんばんは 千夜人です。

思っていた以上に痛手を受けていたのか、作業効率が上がりません。明日は600を目標にします。

 

ちまちまとした作業をしていると、器用だった祖母をつい思い出してしまいます。

没頭するつもりが裏目に出ました。集中集中。

早く片さないと、デモスポ始まってもたが。

今日は夏の節分。暑中見舞いも今日までです。

そして明日は、二十四節気では立秋、七十二候では涼風至すずかぜ いたる)にあたります。

秋の気配が感じられるようになるころとされています。

今日は雲が出たからでしょうか猛暑日とまではならなかったものの、命に危険を及ぼすような暑さが続いています。

また、暑さ厳しい中にも、涼しい風が吹き始めるころとされています。

接近中の台風からでしょうか、吹いてくるのは熱風なのですけれど・・・。

明日から秋! というには信じ難い酷暑ですけれど、少しずつやわらいでくることを信じましょう。

2018年8月 2日 (木)

降りません

こんばんは 千夜人です。

今日は木曜日です。木星が東矩になります。せっかく撮ったのに、画像サイズを間違えて使い物になりません・泣。

 

東矩は、地球から見て惑星が太陽から東に90度離れることです。

太陽が沈むころに真南に見え、真夜中頃に西へ沈んで行きます。

春からずっと存在感のあった木星。火星にその座を譲ったかのようにも見え、ちょっと寂しいですね。

今日は七十二候の大雨時行たいう ときどきふる)です。

時々大雨がざぁっと降るころとされています。

・・・暑いばっかりで全然降りません。

豪雨被害に遭われたところには申し訳ありませんけれど、そろそろ雨降ってほしいです。

今冬の豪雪。半分でいいから水分をとっておいてほしかったです。

2018年7月29日 (日)

暑い理由を考えてみた

こんばんは 千夜人です。

今年1番暑くなった日曜日のおひさまです。福井で37.7℃、春江で観測地点史上最高の39.0℃。

2018072913560001  

逆走台風? 12号の影響でしょうか、気温が上昇しました。

朝から台風一過の青空が広がり、刺すような陽射しが降り注ぎました。

風も残っていましたので、気温を押し上げる要因になっていたようです。

昨日は七十二候の土潤溽暑つちうるおうて むしあつし)でした。

地面がじっとりとして、蒸し暑くなるころとされています。

この暑さ、大地が熱を溜め込んでいるだけではなさそうです。

昼間は太陽だけでなく、焼き焦がすものを意味する名前の星、おおいぬ座のシリウスが明るさに紛れて輝いています。

夜は、昨夜衝を迎え、明後日に地球に大接近する火星が輝いています。

そんなだからこんな暑くなって・・・なワケないかsmile

2018072921220000 80mm砲で迎撃。放射熱の影響でしょうか、像が安定しません。

2018072918580000

2018年7月23日 (月)

どうにもならない

こんばんは 千夜人です。

恵まれている、とは思いますけれど、幸せだとは感じられない。

 

暑中お見舞い申し上げますsun

いや~、毎日毎日暑いですね。寒がりを自負する自分でも、充分に暑さを感じていますsweat01

今日は、二十四節気では大暑、七十二候では桐始結花きり はじめてはなをむすぶ)にあたります。

1年でもっとも暑いころとされています。

国内最高気温が5年ぶりに更新されたそうです。埼玉県熊谷で41.1℃sign02

・・・風呂?

また、キリの木に実がなり始めるころとされています。

ベランダの鉢植えは、直射日光を避けるために窓際へ移動しました。日に日に弱っていくのが目に見えて、かわいそうです。

こんなたいしょうな(大層な)暑さ、対処しきれんわー。

自分も作業に没頭してしまうと、ふと、頭痛がしたり、喉の渇きを感じるようになりましたdanger

こまめな水分補給、大事ですね。

2018年7月18日 (水)

なに鳥

こんばんは 千夜人です。

平成16年の福井豪雨から、今日で14年が経ちました。今年もまた、痛ましい豪雨災害が各地で起こっています。

 

今日の福井は猛暑日には至らなかったものの、連日の高温状態に妙な湿疹が出てきました。

今日は七十二候の鷹乃学習たか すなはちわざをならう)です。

タカのひな鳥が飛ぶことを覚え、羽ばたきの練習を始めるころとされています。

近所では、尾羽の長い青い鳥の親子が、枝から枝へ、電線へと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしています。

自分はトンビですらありませんけれど、携帯でそれなりーに惑星を撮ることを覚えました。

生きていくには何の役にも立ちませんがbomb

2018年7月12日 (木)

じとー

こんばんは 千夜人です。

北陸も梅雨明け宣言してしまいましたけれど、このじめじめ、撤回したほうがいいのでは。

 

今日は幾分気温も落ち着いて、真夏日にはならないと聞いたのですけれど。

そりゃー先日の猛暑日に比べたら低いかもしれませんが、30℃超えてるし。充分平年値超えてるし。

ちょっとはマシかなーと期待した分、マトモにやられました。

じめじめねちねちsweat02

今日は、七十二候の蓮始開はす はじめてひらく)です。

ハスの花が開き始めるころとされています。

南越前町の花はす公園でも、様々な種類のハスが咲き始めているようです。

泥の中から立ち上がり、きれいな花を咲かせるハス。

湿気にやられて腐っている場合ではないですね。明日もがんばろう、頑張ろう、ガンバロウ・・・。

で、週間天気予報には、また猛暑日の予報が・・・。

ちなみに、昨日は福井国体・障スポの開催まで残り80日でした。

2018071117380000

2018年7月 6日 (金)

落ち着け

こんばんは 千夜人です。

雨があまりにも激しかったので、今日の日程まで押し流されてしまいましたとさ。来週にしわ寄せが。

 

6月末からすでに真夏日となっていましたけれど、今日は大雨で陽射しもないためか、そこまでの暑さとはなりませんでした。

明日は、二十四節気では小暑、七十二候では温風至あつかぜ いたる)にあたります。

暑さが本格的になるころとされています。

今日は梅雨寒に戻ったかのような気温でしたけれど、来週はまた暑さがぶり返しそうです。

また、夏らしい熱い風が吹き始めるころとされています。

2018年7月 2日 (月)

こんばんは 千夜人です。

7月になりましたので職場の冷房が解禁となりました。設定温度28℃ですが、外気との温度差が大きくて逆に寒気が。

 

6月末にも試運転と称して作動していた日もあるのですけれど。

まだ暑さにも冷気にも慣れない、この不便な身体sweat02

依頼されたデータ入力をしながら、ふっと梅シロップのかき氷が食べたくなったかと思えば、肘が疼いて袖を上げたり下げたり。

心頭滅却すれば火もまた涼し・・・あれ? 違いましたっけ。

今日は、雑節の半夏生、七十二候でも半夏生にあたります。

薬草の一種カラスビシャクが生えてくるころとされています。

また、カタシロクサの葉が半分、化粧をしたように白くなるころともされています。

この日までに田植えを終えること、

この日は天から毒気が降るので水を汲んではいけない、野菜を収穫してはいけないともいわれています。

毒気などと表現されていますが、食中毒や熱中症に気をつけようという教訓なのではないでしょうか。

福井では、焼き鯖を食べる習慣があり、スーパーの折込チラシはサバだらけ、

夕方のローカルニュースでは鯖を焼くお店が取り上げられたりします。

ウチも、お夕飯に焼き鯖が食卓に上がりました(ひとり1本というわけにもいかず、解体されてしまいましたので自主規制)。

お茶の時間には、安倍川餅をいただきました。

2018070220240000 これで明日からも元気に働くぞー。でも、日本代表の応援はsoccer夢の中でさせていただきますsleepy

2018年6月26日 (火)

あつあつ

こんばんは 千夜人です。

日曜日、防災訓練の後、裏千家さんのチャリティお茶会に参加してきました。

20180624114000002018062411220001  

お茶は茶楽かぐやさんの抹茶「月暈」でした。

晴れて気温も上がり、お湯も冷めにくいのか、少々熱めに感じましたけれど、甘みと旨みとほろ苦さ。おいしかったです。

同じお抹茶ですけれど、自分ではこの味にならないわぁ・・・down

しまった。肝心のお茶碗の写真がない・・・sweat01

ハートの形の器に、クローバーの絵が描いてありました。飲み終わると、底から四つ葉が顔を出しましたclover

さて。

今日の福井市は33.4℃まで気温があがりました。予報の35℃には達しなかったものの、自分も暑かったです。

明日は七十二候の菖蒲華あやめ はなさく)です。

アヤメの花が咲くころとされています。

県内でも花菖蒲まつりなどが開催されるころです。

アヤメやハナショウブといいますと、雨に濡れながらもあでやかに咲く姿が思い浮かびますけれど。

この暑さでは、花もしおれてしまいそうです。