« いやさかえ | メイン | 麦 クロワッサン »

2019年10月23日 (水)

西口プラネ 世界一周

こんばんは 千夜人です。

せっかくバイトしても、どっか行きたい病が発症してしまいます。もうちょっとガマンガマン。

 

だから、というわけでもないのですが。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

どっか行った気分になれる? 音楽の時間世界星空めぐり」を観てきましたnotes

飛行機で世界をめぐり、その国と星にまつわる音楽やエピソードが紹介される番組です。

ドームに入ると、早速、小松空港の風景が映し出されています。投影前のご案内も機内アナウンス風です。

小松空港を飛び立ったセーレンプラネット航空428号便は、フランスのパリへ。

エッフェル塔と凱旋門の上に星が見えてきます。ここでは、フランスの天文学者メシエについての紹介です。

次に向かったのはスウェーデンのストックホルム。ここでは秋に、天の川が頭の真上を通ります。

イギリスでは、ストーンヘンジ遺跡から見る北極星。大航海時代には、星で方角を導き出していました。

ハワイのマウナケア山頂には各国の天文台が並んでいます。

チリのアタカマ砂漠にあるALMA望遠鏡。電波望遠鏡群が観測で首を振っているのがなんともかわいいです。

さらには南極大陸へ。太陽が不思議な動きをみせる白夜と、逆に太陽が昇らない闇夜を覆うオーロラ。本物を見てみたいけど・・・無理やわーsweat02

そして一路小松空港へ。45分間の世界一周の旅でした。

各地での星座の高さや向きなど、見え方の違いにも気をつけて見るとおもしろいですよwink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/462355/34193895

西口プラネ 世界一周を参照しているブログ:

コメント

こんにちは!
世界星めぐり、意欲作でしたね! プラネでの白夜の投影、やろうと思えば簡単にできそうなのに、観たのは初めてです!(^^)
さて、催したっぷり(?)な福井ですが、今週末10/27(日)まで、今立アートキャンプの2019秋展というのが開かれてます。私も今回ちょっとだけお手伝いしてるのですが、もしよろしければお立ち寄りください!
●今立現代美術紙展アートキャンプ2019秋展
https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/event?id=5dad4f7b7765612869010000

コメントを投稿