第2惑星・プラネタリウム Feed

2019年5月31日 (金)

残念

こんばんは 千夜人です。

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきました。

 

今シーズンの星空の時間ですが、スタッフさん全員はコンプリートできませんでした。

6月からトピックが替わります。次は何かな?

2019053119440000

2019年5月19日 (日)

西口プラネ 分館長第三夜

こんばんは 千夜人です。

いいお天気ですが、風がきつかったです。段ボールが飛ばされそうになりながらのおひさまです。

2019051907010000  

福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

プラネタリウム解説歴25年を越える長谷川分館長による星空の時間特別版分館長の星空散歩」を観てきました。

スタッフさんによる生解説の星空の時間は通常、男性陣は落ち着いた雰囲気で、女子の皆さんは元気いっぱい。

ですが、さすがに大ベテランの分館長の解説となると、昼食後の時間帯ともあって、眠気との戦いになりますcoldsweats01

今回は、冬と比べて1等星が少ない春の星座を中心に、見えにくい? 星のお話でした。

来月に迫った夏至の話題から、季節ごとに変化する太陽の高度や暑さ寒さについて。

銀河系の構造から、春や秋には遠くの宇宙が見えるということに触れていました。

2019051814080000

2019年5月 6日 (月)

西口プラネ ゆめまるGW

こんばんは 千夜人です。

今日は、二十四節気では立夏、七十二候では蛙始鳴(かわず はじめてなく)にあたります。

 

今日はアルバイトがなく、明日からの本業? に備えて急速充電をしておりました。

というわけで、福井市自然史博物館分館のドームシアターで、ゆるゆるな番組を観てきましたsweat02

開館3周年を記念したイベント週間での、子どもの時間朝倉ゆめまるの星空だいぼうけん─GWの巻─」ですheart04

福井市の一乗谷朝倉氏遺跡の妖精? 朝倉ゆめまると一緒に星を見に行く設定なのですけれど、

ゆめまるはしゃべれないので、今回は案内役の鈴木さんが頼りですcoldsweats01

まずは、星空の中からゴールドな星を探します←GWに引っ掛けているらしい。

ゴールドな星があるのは何座なのか、教えてもらいます。

ゆめまるが、空飛ぶゴールドなヒツジ、おひつじ座に乗って、とても明るい金色の星の正体を探りに出かけます。

ゴールデンウィークにちなんで、金色に見える星をテーマにした構成となっていました。

これで充電もばっちり・・・か、なぁ?

2019年4月28日 (日)

西口プラネ おさんぽ

こんばんは 千夜人です。

平成最後の日曜日のおひさまは、うっすらと雲のベールをかぶっていました。

2019042809440001  

今日で開館3周年を迎えた福井市自然史博物館分館へ行ってきましたbirthday

久しぶりに、開館記念映画星々の約束」を観てきました。

あいかわらずソースカツ丼のアップが強烈過ぎて・・・sweat02

それから、開館記念イベントの番組で、展示室のチケットがあれば自由に観られる観光ショートムービー

ドームでおさんぽ気分」も観てきましたheart04

スタッフさんが全天周カメラで撮影した風景をドームに投影して、まるでその場をお散歩しているかのような気分を楽しむ時間です。

足羽川の堤防の桜並木を歩いたり、一乗谷朝倉氏遺跡で星空を眺めたり。

福井の名所や名物を訪ねたり。

福井を訪れた人はもちろん、住んでいる人も、自然の豊かさやのどかな風景をゆったりと味わえるのではないでしょうか。

ただし、良いカメラを使用しているだけに、かえって手ブレや継ぎ目が気になってしまうので←自分だけかも、

それこそ実際に風景を眺めるかのように観るのがよろしいかと思います。

この場所に行ってみたいなぁ、と思うところが見つかるといいですねwink

2019042819270000

2019年4月27日 (土)

西口プラネ 記念日

こんばんは 千夜人です。

今日は一日中、「寒い」という言葉以外出てきませんでした。

 

ハナシ盛りましたbleah

でも、ホントに寒かったです。まだすっかり真冬の格好です。

そういうわけで、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ暖をとりに行ってきました。

開館3周年を迎え、開館記念イベントユニバースdayを開催中のこちらでは、

期間中、ワークショップやサイエンスショーなども企画されているそうです。

今日は、「星空の時間記念日の星空に参加してきましたheart04

スタッフさんによる生解説の星空の時間が、今回は、お客さんのリクエストした日の星空の解説をするという体当たり企画ですcoldsweats01

前半は、通常通り、今夜福井から見ることができる星空の解説です。

北斗七星から春の大曲線を使い、春の星座をめぐります。

後半は、お客さんが入場するときにリクエストした年月日の星空を投影し、その中から気になる星座や天体を解説していきます。

解説員さんともなりますと、お客さんが気になりそうな天体などは予想がつくのかもしれませんけれど、

ネタの量を試されるようなハラハラドキドキの時間だったのではないでしょうか。

え? 自分? もちろん素直で良い子なお客さんでしたよ?

担当の見張さん、お疲れさまでしたhappy01

2019042721330000

2019年4月21日 (日)

西口プラネ 北極星4

こんばんは 千夜人です。

今日はたまご料理の日です←ちょっと違う。

2019042119470000 

昨日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説の星空の時間今夜の星空さんぽ」を観てきました。

今回の担当は亀谷さん。解説歴12年のベテランさんです。

前半は、今夜福井から見える星座の探し方です。

西の空には、街中でも見える1等星が7つも光っています。それらを結んでできる冬のダイヤモンドは、そろそろ見納めです。

満天の星が見えるところへ移動したら、東や北の空の春の星座を探します。

後半は、季節ごとに変わるトピック。春は北極星についてです。

見る場所によって北極星の高さが変わったり、時代によって北極星になる星が変わるというお話でした。

BGMは日の入りや満天、エンディングといった場面転換くらいで、あとはずっと語りです。

でも、ずっと聞いていられますhappy01

ちょこちょこ入ってくる小ネタもおもしろかったですsmile

2019年4月14日 (日)

西口プラネ 北極星3

こんばんは 千夜人です。

数字ほどには暖かさを感じられない昨今、指がぱんぱんに腫れて絶え間ない疼痛に悩まされています。

 

しもやけと花粉症と。身体の中で冬と春がせめぎあっている感じです。

気を紛らわせようと、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

今日観てきたのは星空の時間「今夜の星空さんぽ」。スタッフさんによる全編生解説の番組です。

今回の解説は石井さん。癒し系で、ゆったりとした雰囲気に包まれます。

前半は、今夜晴れていたら福井から見ることができる星空の解説です。

まずは1番目立つのが地球の衛星である月。次は惑星のひとつ火星。

星座を形づくるたくさんの星は恒星と、3種類の星を見ることができます。

夜8時ごろですと、今の時期は冬と春の星座が両方見られます。

冬の大三角と春の大曲線とを使って、それぞれの季節の代表的な星座を探します。

後半は、船に乗って航海へ。緯度や時代が違う星空の違いを見ていきます。

北極星が見える高さ(角度)は、そのまま星を見ている場所(北半球)の緯度と同じになります。

手を使った定規で、北極星の高さの違いを測ります。

ドームシアターの空は、どんなに大きくても本物の空の広さとは違います。実際星空の下で、試してみたいですね。

穏やかーな気分で、しばし手の痛みも気になりませんでした。帰り道、今度は踵がバキバキで痛かったけど。

2019041418540000

2019年4月 9日 (火)

西口プラネ ポラリス2

こんばんは 千夜人です。

今年の桜は長持ちです。種類や場所によっては満月までもつかも・・・いくらなんでもそれは無理かな。

 

下界では、満開の桜に祝福されて、小中学校の入学式が執り行われたそうです。

でも、広い体育館は寒そうです。

新学期や年度初め早々に、体調を崩されている方も多いようです。

自分は寒がりですが、いまのところ風邪はひいていません。バカなんで。

ですが、福井市自然史博物館分館のドームシアターで映像の時間の新番組を観たら、気分が悪くなりました。

ポラリス2 ルシアと流れ星の秘密」という、2018年フランスのサンテティエンヌプラネタリウム企画? 五藤光学配給の番組です。

シロクマのジェームスとペンギンのレナードの凸凹コンビが繰り広げるドタバタ劇の第2弾。

潜水艦を改造した宇宙船ポラリスは、宇宙でオーロラを観測中に隕石の衝突を受け、ジャングルの古代遺跡に墜落してしまいます。

ピラミッドに刻まれた光る石を探すハチドリのルシアも仲間に加わって、

隕石や彗星、流れ星の謎を解き明かす冒険が始まります。

ドーム映像ならではの、スピード感や迫力のある演出に目を回して・・・ではなくて。

毎度のことですが、キャラクターのデザインが生理的に受け付けないといいますか。

気持ち悪くなってきます。

ハチドリのホバリングする羽の表現などは巧くできているなぁと感心できるのですけれど、

どうも見た目がダメみたいですdown

2019040715070000

2019年3月30日 (土)

西口プラネ 北極星2

こんばんは 千夜人です。

気温差からか花粉症からか、それとも年度末ショックからでしょうか、なんとなく身体がだるいですぞ。

 

気分転換に、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる全編生解説の番組「星空の時間」。今回の担当は鈴木さんでした。

前半は、今夜見ることができる星空の解説です。

桜が咲き始めましたけれど、星空は冬が半分、春が半分の頃です。

街中でも見やすい明るい星が多いのは、西側に広がる冬の星空です。

見つけやすい形のオリオン座から、冬の大三角や冬のダイヤモンドを使って、冬の星座を探していきます。

後半は、季節ごとに入れ替わるトピック、今は北極星についてです。

北の方角を知ることができる北極星にちなんで、様々な場所へ時間を旅するようにお話は進みます。

福井から見える北極星の高さや星の動きと、

北は北海道、南は沖縄、さらには赤道近くのシンガポールでの見え方を比べると、緯度の違いを実感することができます。

今日は花粉混じりの雨でしたけれど、少しは元気になれた、かな?

2019033019170000

2019年3月22日 (金)

西口プラネ 北極星1

こんばんは 千夜人です。

テレビを観ていて、ふと思いました。保湿剤のコマーシャルよりも、日焼け止めのが増えたような気がします。

 

昨日、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる全編生解説の番組、星空の時間のトピックが新しくなっていました。

解説の担当は山口さん。折りしも春分の日でしたので、オープニングではそのような話題も盛り込まれていました。

前半は、今夜の星空散歩。

まずは、太陽から月、惑星、恒星と、この日見ることができるいろいろな種類の星があることからはじまりました。

地上も星空も冬から春へ。小学生で習う冬と春の代表的な星座、オリオン座と北斗七星(←これは星並びですが)を探します。

北斗七星から北極星を探す方法をみんなでやってみます。

後半は、北極星についてのお話です。

北の方角を教えてくれる星、北極星。いつも北の空の同じ場所に光っています。

ところが、1万2000年後には、北極星が北極星ではなくなり、違う星が北極星になっているそうです。

そのような不思議な星空も、プラネタリウムでは簡単に? 再現できてしまいます。

違う時空へタイムスリップしたかのような、なんだか不思議な体験でした。