« 2018年6月 | メイン

2018年7月

2018年7月22日 (日)

西口プラネ 火星3

こんばんは 千夜人です。

今日も猛暑が続いていますけれど、おひさまは平穏そのもの。黒点ひとつたりとも見当たりません。

2018072209380000  

自分のほうは、シミやら変な湿疹やら増えていますshock

暑いときは涼しいところに避難するのがよろしかろう、ということで、福井市自然史博物館分館のドームシアターへ行ってきましたheart04

スタッフさんによる生解説で星空をめぐる「星空の時間」は、

前半が今夜の星空さんぽ、後半はこの夏大注目の惑星・火星についての解説です。

この日の担当は大村さん。ゆっくり丁寧な語り口で、のんびりゆったり、リラックスしてお話が聞けます。

まずは、気になる明るい星からひとつひとつ拾っていきます。

夕方の西の空に見えていた金星、南の空に見える木星、土星。これらは星座の星とは違う惑星たちです。

暑い日が続きますが、星空の世界では西の空にまだ春の星座が見えています。

7月7日の七夕は終わってしまいましたが、七夕のお話に登場した星たちはこれからが見頃を迎えます。

また、星座のお話によっては、違う季節の星座と関わっているものがあることも紹介していました。

夏だけでなく、他の季節の星座も探してみたくなりますね。

後半は、この夏地球に大接近する火星のお話「火星大接近」でした。

そろそろ新聞やテレビでも話題になり始めた火星ですけれど、

大接近の日だけでなく、その前や後の見え方の変化についても紹介していました。

なんかねー、大接近当日しか見えないとか見ないとかいう方、多いですよねsweat02

いやいや、毎日見てもいいんですよ。都合よく晴天続きですし←むしろ嫌味なくらいsun

2018072219100000

2018年7月21日 (土)

こんこん

こんばんは 千夜人です。

福井国体・障スポの開催まであと70日です。

2018072114000000  

36.9℃。

自転車をで走っているときはまだ我慢できるのですが、信号待ちをしているときは、つい日陰を探します。

電柱とか看板とか、どんなに細くてもどんなに小さくてもほんの少し陽射しを遮るだけで、体感温度が違います。

こぎつね座があるのは、夏の大三角の中です。

夏の大三角を形づくっているのは、織姫星、彦星にカササギの星です。

織姫星と彦星とを隔てて天の川が流れていますので、この辺りは肉眼では見えないような星がたくさん集まっています。

こぎつね座もそのような星たちの中から、17世紀になって作られた新しい星座のひとつです。

こぎつねだけに、街中では見えない?

2018072119410000

2018年7月20日 (金)

ひとつでも

こんばんは 千夜人です。

今日は土用の丑の日です。ひと切れでも鰻は鰻。

2018072020180000  

37.1℃。

体温でも寝込んでいい数値です。

自分は休みませんが。

新しくつくられた目立たない星座のひとつ、こぎつね座

こぎつね座自体はあまり知られていないかもしれませんけれど、とても有名な天体が中に含まれています。

シャルル・メシエがまとめた星雲や星団のカタログ・メシエ天体のひとつで、M27です。

番号よりも、見た目の形からつけられたあれい星雲という別名の方が知られているかもしれません。

寿命を迎えた星から放出されたガスが、トレーニングに使用する鉄アレイの形に広がっていることから

あれい星雲と呼ばれているそうです。

2018年7月19日 (木)

囲まれて

こんばんは 千夜人です。

1945年(昭和20年)の福井空襲から、今日で73年です。黙祷。

 

夏の星空でまず思い出すのが七夕の星たちです。

織姫星、彦星、カササギの星。

夏の夜空に輝く3つの1等星を結ぶとできるのが、夏の大三角です。

これら夏の星座探しの目印の中に位置するのが、こぎつね座です、

こぎつね座自体は、もっとも明るい星が4等星、星並びもこれでよくこぎつねの姿を描けたなぁと感心します。

そのもっとも明るい星α星は、アンサーという名前がついています。答えという意味ではなくて、ガチョウだそうです。

こぎつねがくわえた獲物のガチョウのところで光っています。

2018年7月18日 (水)

なに鳥

こんばんは 千夜人です。

平成16年の福井豪雨から、今日で14年が経ちました。今年もまた、痛ましい豪雨災害が各地で起こっています。

 

今日の福井は猛暑日には至らなかったものの、連日の高温状態に妙な湿疹が出てきました。

今日は七十二候の鷹乃学習たか すなはちわざをならう)です。

タカのひな鳥が飛ぶことを覚え、羽ばたきの練習を始めるころとされています。

近所では、尾羽の長い青い鳥の親子が、枝から枝へ、電線へと、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしています。

自分はトンビですらありませんけれど、携帯でそれなりーに惑星を撮ることを覚えました。

生きていくには何の役にも立ちませんがbomb

2018年7月17日 (火)

水分補給

こんばんは 千夜人です。

福井は3日連続の猛暑日です。暴力的晴天ですが、夕焼けが明るくて水星が見つかりません。

 

お仕事中にも300mlのステンボトル2回分のお茶を飲んだのですけれど、

思惑とは逆に、排出量の方が増えている気がしますtoilet

夏の大三角の中に位置するこぎつね座は、獲物のガチョウをくわえたキツネの姿として描かれることが多いようです。

まるで、物語の一場面のようでもありますけれど、17世紀につくられた新しい星座のひとつです。

というわけで、関係するギリシャ神話はありません。

でも、ギリシャ神話にはキツネが登場するお話もあります。

なにものにも追いつけないキツネと、なにものをも逃がさない犬とが、追いかけっこをするのだそうですけれど、

こぎつね座はこのキツネをモデルにしたということではないようですcoldsweats01

小さいころに読んだ星座の本には、この領域には鳥の星座が多いため、害鳥駆除の意味合いがあった、と書かれていました。

神話の世界に、ずいぶんと現実的な理由・・・sweat02

ギリシャ神話のキツネに着想を得て、といったほうが、もう少し親しみをもてたかもしれませんねぇ。

2018年7月16日 (月)

脱水症状

こんばんはおはようございます 千夜人です。

厭な夢見で唸っていたら、足を攣りました。水分補給をしていたつもりでしたけれど、まだ足りなかったようです。

 

今日も熱中症対策を忘れずにdanger

こむら返り程度でよかったです。

昨日日曜日のおひさまです(ソーラースコープ使用)。

2018071509540000 昨日三日目のおつきさまです(主砲使用)。

2018071520190000 昨日の火星です(倍率変更、以下同じ)。

2018071521530000 昨日の木星です。イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストを引き連れています。

2018071521250000 昨日の金星です。

2018071521010000 昨日の土星です。

2018071521430000

2018年7月15日 (日)

パン工房トランタン 四つ葉発酵バタークロワッサン

こんばんは 千夜人です。

運転中に国道の温度表示が37℃を示していたのを見かけたのですけれど、上には上があったようです。

 

38.8℃。岐阜県揖斐川町shock

で、このような日に自分はどこへ行っていたのかと申しますと。

三日月ということで、パン工房 トランタンさんで「四つ葉発酵バタークロワッサン」を買ってきましたheart04

トランタンさんは、オーナーさんがスイーツ店経験者ということもあり、

お店に入るとまず、キラキラなタルトやデニッシュが目に飛び込んでくるパンやさんです。

開店当時から人気のあるメロンパンや、自家製天然酵母を使用したハード系など、いろいろなパンが並んでいます。

540円以上になりましたら、サービスで冷たいピーチティーをいただきましたdelicious

お外にテーブルがあるのですけれど、こちらでいただくには今日は暑過ぎます。速攻でお持ち帰りしましたhouse

お外にいても気持ちのいい季節になりましたら、景色を眺めながらのブランチもいいかもしれませんね。

クロワッサンは、フランス語で三日月を意味する言葉が名前の由来になっているパンです。

やや小ぶりで、しっかりと巻かれているというのが第1印象ですdelicious

発酵バターが2倍使用されているからでしょうか、食欲をそそる香りに極薄の層がぱりっとしていて、

にもかかわらず、生地は色白で、脂ぎったしつこさがありません。

ちぎって食べようとしますと、もっちりとした生地がつながって皮が散らかりますsweat01。思い切ってかぶりついたほうが食べやすいかも。

材料がいいからでしょうか、ピーチティーのおかげでしょうか、この暑さでももたれずにおいしくいただけましたwink

2018071513470000千夜人個人の評価:☆☆

(発酵バターを2倍使用しているそうですが、脂っこさを感じずにおいしくいただけました。

パリサクの皮ともっちりとした中との食感の違いがいいのですが、皮が飛び散るので気をつけましょう)

 

2018071519170000

2018年7月14日 (土)

収まりが悪い

こんばんは 千夜人です。

備忘録の感覚で撮っているのですけれど・・・まあ、献立がわかればいいので。

2018071421030000  

先週の七夕は残念な空模様でしたけれど、今夜は七夕の星たちもよく見えていますshine

七夕のお話に登場する織姫星彦星カササギの星は、実際の夜空で光っている星です。

そして、七夕の夜にしか見えないのではなくて、時間や位置が合えば、いつでも見ることができます。

これら3つの星をつないでつくる大きな三角形が、夏の星座探しの目印となる夏の大三角です。

小学生の理科の教科書にも登場しますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この夏の大三角の中には何もないわけではなくて、こぎつね座という星座が入っていますflair

入っている、というよりは、頭を突っ込んでいるといったほうが想像しやすいかもしれませんけれどねcoldsweats01

2018年7月13日 (金)

夜更かしさん

こんばんは 千夜人です。

急に電池が切れるのは、暑さに消耗しているから? お腹がいっぱいだから? たぶん両方。

 

例年よりも早い梅雨明け宣言に、連日の夏日、真夏日、猛暑日と、夏バテして食が細る要因はいくらでもあるにも関わらず。

むしろ、血流が良くなることで消費されているのでしょうか。反動で、ご飯の量が増えていますriceball

夏至を過ぎたばかりで、今が1年のうちでもっとも日の入りが遅いころ。福井は19時15分ごろになります。

宵の明星・金星も、ギリギリではありますが21時ごろまで、西の空で輝いています。

昨日、東方最大離角となった水星も、西の空が開けているところでは、20時くらいまでなんとか見えそうです。

そのまま南の空の木星、土星、火星と見ていけば、地球から肉眼で見ることができる5つの惑星を見ることができます。

そういう自分もsweat02