« 2017年9月 | メイン

2017年10月

2017年10月16日 (月)

開けっぴろげ

こんばんは 千夜人です。

一夜明けて。明るいところでみると、1枚は白いけれど残念、3枚は日焼け。んんん~、なんとも。

 

今年の夏、どっしりとした輝きで存在感を放っていた星。

9月15日には探査機カッシーニがその大気に突入し、観測に幕を下ろした惑星。

美しい輪があることで人気のある天体、土星ですheart04

土星の輪は、地球から見ていまがちょうどもっとも開いて見える頃だそうですflair

土星は輪とともに少し傾いて軌道を回っているために、地球との位置関係で輪の見え方が少しずつ異なります。

土星は太陽の周りをおよそ30年かけてひと回りしていますので、15年くらいで輪の傾きが大きくなったり小さくなったりを繰り返しています。

で、いまがもっとも傾きが大きく(約27度)、輪の面がよく見える時期なのだそうです。

ガリレオは「土星に耳がある!」と言ったそうですが、確かに耳っぽく見えるかもcoldsweats01

土星の輪は一枚板ではなくて、細かい粒子の集まりが板のように見えていて、いくつかの隙間があることも判っています。

隙間が見やすいのはやはり輪が開いて見える時期です。ウチの主砲でも、隙間ひとつは確実に見えます。

望遠鏡で土星を見る機会がありましたら、輪の隙間にも注目してみてくださいねwink

2017年10月15日 (日)

残念続き

こんばんは 千夜人です。

予報どおり、今日はおひさまが見えませんでした。衛星画像でも黒点は出ていないし・・・まぁ、いっか。

 

そういうこともあって、今日は障子紙の張替え作業をしていたのですけれど・・・。

あまりの下手さ加減に、途中から意気消沈。1枚で一旦止めました。まだ致命的ではない残り3枚は保留です。

3倍長持ち、て。これで何年過ごすのかと思うと、もったいないけれどやり直したほうがいいのでしょうか。

う~ん。

星空の中に、星の世界をぐっと引き寄せてくれる道具の星座、ぼうえんきょう座があるとなると、

どんなにすごい星座なんだろうと興味を持ってしまいますけれど←え? 持たない?

これもやはり、南天の星座にありがちな、明るく目立つ星がなくて、星並びもよく判らない、といった感じです。

そんなぼうえんきょう座は、そちらはよく知られている夏の星座のいて座の、足元辺りに位置しています。

福井からも半分くらいの領域は見えているはずなのですけれど、低くて目立たないのでご存じない方が多いのではないでしょうか。

いちおう、1番明るい星のα星は、地平線上に昇ってきます。

でも、明るいといっても3等星ですし、低いので見つけるのは難しそうです。

しょうがありません。

2017101518540000 今夜も冷えそうですし、きのこあんにしょうがを混ぜればよかったかな・・・。

2017年10月14日 (土)

昨日と明日と

こんばんは 千夜人です。

明日は雨が降るかも、ということで前撮りしようとしたのですけれど。今日も厳しかったですね、おひさま。

2017101413170000  

明日は防災訓練が予定されているので、せめて午前中だけでも降らないでいてほしいです。

さて昨日は、七十二候の菊花開きくのはな ひらく)でした。

日本の秋を代表する花のキクが咲くころとされています。

福井の秋の恒例イベントたけふ菊人形も開催されていますheart04

今年は会場入場料が無料になったそうで、気軽に出かけられるようになりましたねwink

他にも、各地でいろいろな催し物が企画されています。行きたいところだらけですが、とりあえずは訓練訓練・・・。

2017101419030000

2017年10月13日 (金)

青柳 竜馬がゆく

こんばんは 千夜人です。

障スポまで残すところあと365日です。

 

愛媛・・・ではなくて高知のお土産をいただきました。

菓子処青柳さんの「土佐銘菓 竜馬がゆく」ですheart04

名前だけ見ますと、時代小説や大河ドラマっぽくとも、星や月っぽくなさそうなのですけれど・・・。

パッケージをよくよく見ますと、「脱藩の道を駆けぬけた竜馬さんを、おなじが見ていたかもしれません。」

つまり、月をイメージしたお菓子だったのですね。

竜馬さん=坂本竜馬が土佐藩を脱藩したのは、文久二年三月二十四日。

いまの暦に読み替えますと、1862年の4月22日になるそうです(danger暦の読み方で違う日付になる場合もあります)。

シミュレータで再現してみますと、この日の月は下弦を少し過ぎた頃で、夜中の2時ごろにやっと昇ってきます。

竜馬さんは、誰にも見つからぬよう、月明かりのない暗闇をこっそり抜け出したのでしょうか。

月明かりが射しこんできた頃にはもう、ずいぶんと遠くへと逃げていってしまっていたのかも。

そんなことを考えると、歴史浪漫を少し感じられるような・・・confident

パッケージには、密やかに走り抜ける竜馬さんの影と、満月のような大きな金色の丸が描かれていますが、

この日見えていた月はこっちではなくて左上の赤く欠けたもの、ということになりますね。

さて、中身はといいますと、しっとりとした生地のおまんじゅうですdelicious

幕末の志士龍馬を偲び、和と洋をうまく取り入れ、風味豊かなミルクをふんだんに使っているそうです。

薄めで柔らかい生地の中は、洋風の香り漂う優しい甘さのミルク餡。練乳とは違う、バターのような風味です。

お茶にもコーヒーにも合いそうな、優しいお味のお菓子です。

おいしかったです。ごちそうさまでしたhappy01

2017101223050000千夜人個人の評価:☆☆

(和風にも洋風にも、誰にでも好かれそうな優しい甘さのお菓子です。

緑茶にもコーヒーにも、同じミルク味のカフェオレなどでもおいしくいただけそうです)

2017年10月12日 (木)

やっぱり

こんばんは 千夜人です。

前線の北と南とで気温が分かれました。福井は、昨日と比べて10℃近くも下がったそうです。

 

例えるなら、9月から11月にいきなり変わったようなもの。

体調管理にお気をつけくださいませ。

さて、南天の星座のひとつぼうえんきょう座は、18世紀につくられた新しい星座です。

関連するギリシャ神話もありませんし・・・というか、ギリシャ神話に望遠鏡は登場しそうにありませんねcoldsweats01

当時としては最先端の科学技術を讃えて制定されたのでしょう。

細長い筒の形が特徴の屈折望遠鏡がモデルとなっているようです。

ガリレオが使っていたとされるものを再現した望遠鏡を覗かせていただいたことがありますけれど、

こんなんでよぉ天体のスケッチなんか描けたなぁ、というような見え具合でした。

今ではおもちゃみたいな性能だったかもしれませんけれど、遠くのものが見える画期的な道具だったのでしょうね。

でもごめんなさい。この辺りの星でどうやったら望遠鏡の形が思い浮かぶのか、さっぱり解りませーんsweat01

2017年10月11日 (水)

夏逆戻り

こんばんは 千夜人です。

今日の福井は28.8℃まで気温が上がったそうです。クールビズに戻りたいです。

 

まだ蚊も飛んでいますし・・・否、刺されてる・・・down

寒いのよりは楽ですけれど、秋はどこへいったという感じ。

だから、というわけでもないのですけれど。

夏の夜空に見えていたいて座。古くから知られていて、星占いの星座のひとつでもあり、よく知られている星座です。

それでは、その南側、いて座の足元にある小さな星座はご存知でしょうか。

星を観測するための道具がモデルとなっている星座です、といえば。

双眼鏡? 望遠鏡? いくらなんでも自分の眼、というのは星座にはなりにくそうですcoldsweats01

答えは、望遠鏡をかたどった星座、ぼうえんきょう座です。

神話に彩られた星座の世界に、星を見るための道具とは・・・sweat02

京都宇治式部郷 月まどか・メイプル蜜がけ

こんばんはおはようございます 千夜人です。

昨夜、記事の更新ができませんでした。また書き直しておきます・・・。

 

というわけで。

チームふくい頑張りました! 愛媛国体総合成績、天皇杯7位、皇后杯8位です。

 

体育の日は(昨日)10月10日のほうが慣れているというか、記念日っぽくてよかったと思うのですけれど←あくまでも個人的なイメージです。

スポーツの秋より食欲の秋coldsweats01。実りの秋より肥える秋?shock

しかも秋限定などと書いてあると余計に・・・。

京都宇治式部郷さんの秋限定のおせんべい「月まどか メイプル蜜がけ」を買ってきましたheart04

月まどかは、源氏物語に描かれた月のようなまあるいかたちをした、手のひらサイズのおせんべいです。

秋の季節限定で、メイプル蜜がけ味が登場。パッケージも紅葉狩りをイメージしたすてきな装いです。

1枚ずつの個包装で、満月のような大きな窓に、源氏物語の登場人物を思わせるいろとりどりの花が咲き乱れています。

夕暮れや紅葉のような落ち着いたオレンジ色が、まさに秋や月を思い出させてくれます。

小袋を開けますと、メイプルの甘く深ーい香りが漂います。定番商品に和三盆蜜がけがありますが、やはり違います。

食べてみますと、まずはコクのあるメイプルの香りと甘さが口の中に広がり、

おせんべいの軽い歯ざわりの中に塩味がぴりっと利いてきますdelicious

甘じょっぱい、のですけれど、時間差があって絶妙です。メイプルの風味に異国情緒も少し感じたりして。

お月見は日本の秋の風物詩ですけれど、外国人観光客のみなさんにも一緒に味わっていただきたいな、なんてねwink

2017100814040000 千夜人個人の評価:☆☆☆

(メイプルの深い香りに重たく感じられそうですが、おせんべいの軽い食感でどんどん食べられます。

絶妙な甘さと塩味。和洋の融合? この味けっこう好きです←ただの食いしん坊)

2017年10月 9日 (月)

雰囲気だけ

こんばんは 千夜人です。

とりあえず、なんとか写りました。

2017100911230000  

自衛隊市中パレードだけでなく、猫まつりやワインまつり? などで、福井駅周辺が賑わっていました。

で。

ついでといいますかせっかくなので、福井市自然史博物館分館のドームシアターにも寄ってみましたsmile

スタッフさんによる生解説の番組、星空の時間変光星─ミラ、ミラレル?」を観てきましたheart04

イベントのついででしょうか、意外と(失礼!)お客さまがたくさん入っていました。

宵空に残っている夏の星座たち、少し夜が更けて秋の星座たち。

パレード中は陽射しが強くて暑かったので、のんびりとクールダウンしながら眺めていました。

トピックの変光星。時間を進めて明るさが変わる星を探してみましょう。

場所が判っちゃっていますけど、ざわついている空気がほほえましいですねぇ。

さて、エンディング。東から西へと移動していく星々を眺めながら、夜明けを待ちます。

実は今夜、夜半過ぎ。おうし座の1等星アルデバランが月に隠されるという天文現象、星食が起こります。

地球と月の位置関係で、日本で見られるのは福島~石川よりも北の地方との予報。

なのになのに。

ドームシアターの月が大きめに表現されているので、隠されないはずの福井の夜空でアルデバランが隠れてしまいましたcoldsweats01

これはちょっと得した気分? なのかな?

2017年10月 8日 (日)

がーん?

こんばんは 千夜人です。

思ったほど晴れてこなくて・・・午後になってからようやく撮れたおひさまです。

2017100814150000  

晴れる晴れるいわれていたので、冬布団を出してきて、毛布をお洗濯しました。

気温は上がりましたので乾きましたけれど・・・。少々焦りました←他人のせいにしなーい。

今日は、二十四節気では寒露、七十二候では鴻雁来こうがん きたる)にあたります。

秋が深まり、野の草に冷たい露がむすぶころとされています。

秋のお彼岸も過ぎて、日が暮れるのも次第に早まり、朝晩の空気の冷たさを感じるようになりました。

また、渡り鳥のガンが北方から飛来し始めるころとされています。

紅葉の便りもぼちぼち聞かれるようになりましたし、今年の自然界はどうでしょう、例年通りでしょうか。

いつまでも蒸し暑いとぼやいていましたが、急に冬に向かって加速しているようにもみえるのですが・・・。

とりあえず、明日はまだ暖かいようで・・・ん? もしかしてまたぶり返しますか?

寒がりにはありがたいのですが、急激な気温の変化はあまりよろしくありませんで。

2017100818490000

2017年10月 7日 (土)

見栄え

こんばんは 千夜人です。

いつもどおり、特にインスタ(グラム)映えはしない夕ご飯。別に狙ってはいませんので。しかも雑多なものが映りこんでるし。

2017100718590000  

明日から明後日にかけて、10月りゅう座流星群の極大が予想されているそうですheart04

とはいいますものの、満月直後の明るいお月さまが夜空を照らしていますので、

流れ星がたくさん流れたとしても見ることはかなり難しそうですdown

それよりも、明け方の東の空で、金星と火星が接近して見えるほうが素晴らしい眺めとなりそうですshine

さて、明日も天気は良さそうですhappy01